DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2004-12.30 Thu劇団DECKCHOP『4』稽古場日誌~年忘れ、年忘れ~[未分類]

Time[23:23] Comment[0] Trackback[0]
どうもDECKCHOPの山岡です。年が変わってしまう前にもういっちょ稽古場日誌を。といっても今は年末で稽古やっておりません。DECKCHOPSも一応休まないと。というわけで今回は役者紹介をやってみようと思います。さ~て今日のこの人。日本一苗字の多いアイツ!
ひろさと紹介


で、でた~!!!!
名前:佐藤ひろさと
出身:兵庫
趣味:自分でもよくわかっていない。
特徴:『えらですかね~やっぱり』(本人談)

この佐藤ひろさと君。DECKCHOP旗揚げ公演にも参加してくれておりまして、ダダン公演『WEST』も合わせるとなんと僕の作品は三回目の出演になります。早稲田という遠いところからはるばる稽古にやってきておりまして、その暇さには同情せざるをえません。無駄にかわいそう。でも彼は熱い男なのです。本番もさることながら、稽古からすでに熱い。その熱さが好評を得ている佐藤君、今回はどんな役を熱演してくれるのでしょうか。これまではおじさん役ばかりだったひろさと君・・・。しかし今回なんと彼は・・・若い熱血刑事なんですねー。しかも絶対に台詞を噛んでしまうというかなり難しい役。幅、というか役者の引き出しが多いね~。特になんともない普通の台詞を噛む。これほど容易に見えて高度は技はないのだ。それを彼はなんなくやってのけてくれている。稽古場は常に彼の技にエキサイティング状態だ。天才だ。TENSAIだ。やばい。彼の妙技を見ずして新年は始まらないぜ。皆今のうちに佐藤ひろさとの名前を胸にとどめておいてくれよ!必ずや彼はそっちの方面で成功するんだから。

さてさて、もう明日は大晦日。DECKSは実家でのんびりしとりますよ。皆さんもよいお年を・・・。また来年会いましょう。DECKCHOPの芝居『4』で新年を明けてくださいねー。それだけの作品をひっさげてきますから。ではでは。
20050331232253.jpg

スポンサーサイト
  

2004-12.25 Sat劇団DECKCHOP『4』稽古場日誌~イブだから~[未分類]

Time[01:13] Comment[0] Trackback[0]
「雲を呑む」と書いて雲呑(ワンタン)。昔の人はよく言ったものです。どうも春風亭長楽です。
いやークリスマスイブ。だのに劇団DECKCHOPは稽古です。イブなのに・・・イブだから。
というわけで・・・
太郎2


おおっと!!でました。予告したとおり、彼の紹介をしたいと思います!!

名前:山下太郎(やました たろう)
出身:佐賀県
好きなもの:ふるいやつ。あ、あとバレー

気になっていた方もいるかもしれません。彼は何を隠そう今回の『4』の特別ゲスト。僕の唯一無二の親友、山下太郎その人です。いやぁ無駄に笑顔をふりまいたこの履歴書のような写真。でもなんというか、男の無骨さがあふれているでしょう?そうなんです。彼こそいまや絶滅してしまった漢(おとこ)なのです。移動手段は基本的にはちゃりんこと歩き。東京ー九州間を自転車で渡り、四国を歩き倒した漢(これ実話です)。やばい、かっこよすぎる。しかもこいつは多才な男なのです。音楽やるわ絵は上手いは、どこまで才能があるねん、と。才能のデパートなんですねー。そんな彼が今回なんとDECKCHOPの記念すべき1.5公演『4』に出演してくれるのです。これはやばい、何かが起こりそう。しかもゲストのくせにしゃべり倒し。最も重要な役の一人を演じてくれます。その独特のしぐさ、声、キャラクター、とんこつ。彼の演技にどっぷりと酔いしれて、酔いしれて。彼を見るだけでも価値はあります。こいつは要チェックだ!!どんな演技を見せてくれるのか、脚本、演出の僕でさえワクワクしますわ。ほんまに。楽しみにしといてください。

さぁて!!劇団DECKCHOPの魅力は彼だけやないですよ。ほならそろそろ稽古場日誌に。今日は12月24日。クリスマスイブ。町はキラキラワオワオ。でも、DECKCHOPに言わせれば、「ふーん」
というわけで朝から稽古でした。
稽古

やってますやってます。もうせりふは完全に入ってるからね。手にもってるのは小道具。
ここは重要なシーン。事件の真相を知ったロケットじじいが麻薬シンジケートをひとっとびするシーン。いいですねー、泣けますね。高所恐怖症ですからね。まぁ6メートル上がるだけなんですけど。このあとじじいは捕まります。
思わず僕も演出に力がこもります。
演出



さて、そんな危なっかしい稽古も終わりましてやっとこさ帰る・・と思いきやこれがDECKCHOPは違う。違う。はいどーん。
スケート

スケートするDECKS。こ、これは・・・。そう、実はDECKCHOPもクリスマスイブを満喫しとりまして。スケートです。でもなめたらあかん。楽しげに滑っているように見えますが、DECKCHOPが普通にスケートを満喫するわけがない。日々鍛錬。役者は足腰が大事、ということでこれ、写ってへんけど、両足、ちょっとだけ浮いてるんですねー。完全に。イブやから。
楽しい一日でした~。DECKCHOPは今日も元気です。

~次回の稽古場日誌予告~
ひろさと予告

わお!またまた気になるぞこの顔。なんか腹立つこいつの正体は…!?背中に影を持つ日本一多い苗字のアイツ。乞うご期待。


  

2004-12.22 Wed劇団DECKCHOP稽古日誌スタート!![未分類]

Time[23:03] Comment[0] Trackback[0]
 さて、劇団ダダンの熱い熱い芝居が終わったと思いきや、もう早新たな大企画がスタートしてます・・・。劇団ダダンから生まれた劇団、DECKCHOPと東京バナナだぁ~!!
 というわけで僕、劇団DECKCHOPの山岡が今日から小まめにDECKCHOPの稽古場日誌をつけていこうかなと思っとります。わーい。今日はその宣誓をこめましてDECKCHOPの今作品の紹介を。わーい。
 今年の10月に産声をあげた劇団DECKCHOP。台風も味方したその伝説の旗揚げ公演『僕のお嫁さん』から3ヶ月。早くも新たな作品を引っさげて帰ってまいりました。前回はスプラッタ純愛物語。そして今回は・・・本格ミステリー作品である『4』。『よん』です。タイトルです。いやいや、幅が広いですねー。
 
 舞台はとある旅館。そこに旅館の次女・咲が友達とともに久々に帰ってくる。家族との感動の再会・・・と思いきや、押入れからは一体の死体が転がりでてくる。その死体には右手首がなかった。謎だらけの状況がさらなる謎を呼ぶ。警部の冴え渡る灰色の脳細胞。そして明らかになる真相は・・・。思いもよらぬ展開に思わず息を呑む!! 

 こんな感じです。豪華女優陣でお送りする、SEXYシーンが登場するかもしれない今作品。ただいま稽古真っ最中であります。これからはその稽古場の雰囲気の一端でもお伝えできればなと思っております。稽古場見て、芝居見る。こんな楽しみ方も乙やないですか?では稽古場日誌、次回よりスタートです!!

~次回予告~
太郎



だ、誰だこいつは~!!意味深に男前。九州の臭いがするこの感じ。うわーわくわくするなぁ。豚骨の臭いがするなー。『4』ではなにやら重要な役割を握りそうだ。そんな彼の紹介は次回・・・ご期待ください!!







 
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。