DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2005-05.14 Sat次々回公演のタイトル決定!![未分類]

Time[01:53] Comment[0] Trackback[0]
突然やけど、7月末の次々回公演のタイトルが決まったわい!!
その気になるタイトルは・・・

     SLAP!

うわ!格好ええ!どういう意味やろ!SLAP・・・響きがなんともいいですね。調べてみるとね、このSLAPという言葉、ぴしゃりと打つ音、平手打ち、非難、突然・・・とまぁこんな色んな意味がありまして、どれをとってもなんかいい感じやね。うん、多分今のこの僕の感じ、僕にしかわからないと思います。
僕が脚本を書く場合、まず最初にタイトルを決めるんです。だからタイトルがひらめかないと、全然書く気が起きない・・・。まぁ僕の場合、意味深なタイトルとか深いタイトルなんかは嫌いで、音の響きをまず最優先するんですが、今回はなかなかいい!っていうかごっつええと思う。いい響き。何回でも言いたくなるね。皆言うて。SLAP!
さぁ~これでタイトルばっちり決まった!話も頭の中に渦巻くように降りてきた!あとは書くだけだ!舞台監督さんが早く書けとうるさいので早く書く!そして今回は、誰も見たことないものを劇場に登場させるぞ!めちゃめちゃ面白くなりそうだ!今の段階でかなりの手ごたえを感じてる。産む前に「あ、三つ子や」ってわかる感じやな。ぴしゃ!っと鋭く平手打ちをかますような、そんな音が聞こえてきそうなエッジのきいた作品に仕上げたいと思ってます。ご期待ください◎

さてさて、お次の話題は・・・
20050514015650.jpg


出た!!なんだここは!!素敵や!!おしゃれだ!!
そう、こここそ、DECKCHOPのスポンサー、いつもDECKCHOPを応援してくれている、日本で唯一のポーランド輸入雑貨店、wisteriaの店内だぁ。その店内にDECKSの姿。僕、山岡とDECK総裁、JKの三人。その後ろ、離れたところに立っているご婦人は店長さん。何とも可愛らしい婦人だ。何をかくそう、今回の『channel DECKCHOP』ではwisteriaさん協力のもと、二日とも来て下さった人へのプレゼントに、かわいらしいポーランド雑貨を用意したぞ!ここwisteriaが日本で唯一のポーランド輸入雑貨店、ということは、今回用意したプレゼントは、日本でただ一つのものってことだぁ!!すばらしい。原宿行っても買えません。というわけでプレゼントも楽しみにしててくださいね。
channel DECKCHOP』・・・豪華です。
スポンサーサイト
  

2005-05.12 Thu秘密の稽古[未分類]

Time[23:45] Comment[0] Trackback[0]
20050512231358.jpg


何これ。

足のつる人ご相談ください

って薬局の前の看板に書いてあった。どう相談したらええねや。病気なん?足つる人って。何病?

どうもDECKの山岡です。相談のことなら、昨日うちの父が電話で
「・・・なぁ、俺の会社の名前DECKCHOPに変えてもええ?」
って聞いてきた。そんで
「な?ええやろ?DECKの山岡って格好ええやろ?」
と嬉しそうに言ってました。
どうも、僕こそがDECKの山岡です。

さてさて、channel DECKCHOPが三週間後に迫ってきまして、稽古も熱が帯びてきました。校舎が開いてる8時までは教室で猛稽古しています。8時になると校舎が閉まってしまうので、稽古も終えごはんでも食べに行くかと思いきや・・・行かない。8時からはまた別の、秘密の稽古が始まるわけですねん。毎夜自動販売機の前でひっそりと、そして激しく稽古をしております。内容はまだ言えません。本番を見ればきっとわかるはず!!「え?こんなこともDECKCHOPはできるの!?」ってきっと驚くぜい。
この間とある飲み屋で芝居やってるであろうオッサンが
「俺は今回の芝居をステップにして次回の公演に演劇人生かけるぜ」って偉っそうに息巻いてました。
アホかっちゅうねん。DECKCHOPは毎回毎回本気で楽しんで、見に来て下さった人を楽しませる、そんなでっかい遊びをしかけてる。だから毎回面白いものが作れるんです。ウソやない。今回も一発かましますよ~!!うわ!やられた!悔しいけど面白い!!そんな気持ち、届けます。ではおやすみなさい
  

2005-05.08 Sun劇団DECKCHOP稽古場日誌『オフ』[未分類]

Time[19:40] Comment[0] Trackback[0]
20050508185127.jpg

どういうことやねん。麻雀『ホールインワン』・・・難しい。
江戸前寿司『ミディアムレア』みたいなもんやろ。あるいは煎餅屋『アルデンテ』。ね?

どうもDECKCHOPの山岡です。今日はオフです。稽古なしです。なのでふらっとお芝居でもと思い観にいきました~。なんか家でじとじとしてるんは好きやないので、よくいろいろ行くのです。で、今日は芝居。僕は普段から「芝居やってんぜ~俺は」みたいな風をふかすのが大っ嫌いで、逆に芝居やってなさそうな人に見えたいくらいそういうのが嫌い。チンピラが胸ガバー開いた色シャツ着るみたいなね。偉っそうに電車の中でしょうもない演劇論や演技論なんかを語ってるやつなんかいたら「アホかボケ」と思ってまうんですが、まぁでも一応作ってる側としてはいろいろと見終わった後考えたりもするわけなのです。

ほんで今日の芝居で思ったことは、「どれだけ見られていること、見せることを意識するか」ということです。まぁこれは別にどれがいいとか悪いとかやなく、芝居の質とか好みにもよると思うんですが、やっぱりその意識の違いで全然ちゃうなぁってことなんです。僕が尊敬する先輩が昔「自分はエンターテイメントをやってる。だから面白くないっていう意見よりも楽しくないっていう意見が出たときに本当にへこむ」みたいなことを言うてたのをふと思い出しました。
「見せること」と「見られること」のバランス、これが芝居にはなかなかの要素になってると僕は思ってます。「俺たちの楽しむ姿を見てくれよー!!」っていう主観的な、「見られている」感を100%押し切るのか、それを少し減らしてそこへ「お客さんに見せる!!」っていう客観的なものを加えるか、そのバランスで芝居の見え方ってガラっと変わる。
今日見た芝居っていうのが圧倒的に前者の方が強かったなぁ。その分ちゃんと力があって良かったと思ったけど、そう考えるとDECKCHOPはどっちなんやろなぁ。おそらく後者が大やろなぁ。DECKSは芝居好きやけどどっか冷めたクールなところがあるやつらばっかりで、それがよかったり、逆に悪かったりもするんやけど、めちゃめちゃ見せることをDECKSは意識してると思います。
共感とかそんなんは後回し!!とにかくDECKCHOPの芝居は見て、そして楽しんで欲しいですねー。それだけ完成度もクオリティも高いものをDECKCHOPはお届けします。明日からまた稽古だい。汗が出ない程度にがんばるぞ。ほなまた。『Channel DECKCHOP』よろしくね~。
  

2005-05.07 Sat劇団DECKCHOP稽古場日誌『完成』[未分類]

Time[01:43] Comment[0] Trackback[0]
どうもDECKCHOPの山岡です。いやぁすっかり5月に入りまして、あったかくなってきました。すがすがしい毎日やね。稽古もしやすいね~。

さて、今日はとうとう『Channel DECKCHOP』の台本がすべて完成しましたのよ。すごい。全部で16本にも及ぶコントの数々。毎日毎日すべてに目を通してるわけなんやけども、いいですねー。自画自賛ではなく、客観的にみてもこれはおもろい。うん。今までやったことない新しい試みにも挑戦してる。これがすべて形になるんかと思ったらゾクゾクします。

やっぱり僕は、何でも攻めていかんとあかんと思うのです。賛否が真っ二つに分かれた旗揚げ公演も、大好評だった♯1.5も、僕らの根底にあるもんは変わらへん。とにかく中途半端なことは絶対せんとこっていうことなんですわ。だからDECKCHOPは「おもろい」か「おもろない」かしかないと僕は思ってる。なんか最近どっちつかずの中途半端なものばっかりなんですけど、だからこそ僕らはおもろいもんばっかりを作っていこうと思います。今回も、皆さんが実際に見て、そんで「おもろい」か「おもろない」かを決めてもらえたらなって思います。まぁめちゃめちゃおもろいと思います。だから安心して笑いに来てください!!二日とも、違う内容で、めちゃおもろいことやってます。友達誘ってきてください。お待ちしてます。
  

2005-05.03 Tue劇団DECKCHOP稽古場日誌『お笑い』[未分類]

Time[16:27] Comment[0] Trackback[0]
050416_2137~01.jpg
050416_2137~02.jpg
050416_2138~01.jpg
これとある区民会館みたいな、おじいやおばあが集まるところで見つけたちょっと面白い写真。よく見て。一番上、「六代会長・・・」と書いてある。次、「七代会長・・・」、うん、ここまではええねん。白黒なんがちょっと気になるけど。問題は次、いきなりカラーでよく見ると「八・十代会長・・・」
えぇ!?「八・十代」!?九代どこ行ったんや!!「八~十代」ならまだわかる。まぁ三代も連続で務めるなよ言いたいけども、まだわかる。でも「八・十代」・・・何を返り咲いとんねん。カムバックしとる。ボクサーや。
「わしは頂点に二回たった男や。酸いも甘いも知っとるさけなぁ。」
言いよるんやろなー。

どうも、DECKCHOPの山岡です。最近全然更新されへんから(さくしょん書け~)、僕が書きます。ただいまDECKCHOPは次回の6月特別公演、『Channel DECKCHOP』に向けて猛練習中。コントです。コント。僕はもともとコント好っきゃからね、楽しい。で、僕はいつも芝居のとき、それに関するものを調べる(?)っていうことをしてます。例えば前回のミステリー芝居のときはミステリー小説や映画を見たり。で、今回はお笑いということで、色々最近のお笑いについてチェックしてみたり、ライブ観に行ったり、ちょこちょこ出場したり、考えたりしてます。そこで感じたんですが、今のお笑いは「面白い人間」やなくて、「可笑しい人間」が求められてるってこと。そう、「笑わせる」んやなくて、「笑われる」芸人が求められているんです。中学や高校のクラスに絶対一人はおったお調子者、皆から「○○君って面白い~」って言われてる奴が求められてる。これはつまり見る側が考えることを放棄してるってことやと思うのです。僕は笑いって発想やと思うんです。そんで「笑かす」ことやと思ってる。僕は笑われるのなんか全然嬉しくないし、そんな笑いを作ってない。ほんで笑いって作り手はもちろん、見る側のセンスも問われるすごいシビアなものやと思う。最近はその部分がすごいゆるい気がするのです。だから「可笑しな」奴がうける。笑われてる。

ちょい長々となってもうたけど、そういう意味で確実にいえるのは、次回の『Channel DECKCHOP』は今のお笑いとは全く異質やってことです。でも面白い。僕らは笑われません。笑わせます。楽しませます。最近面白くないお笑いや演劇が多いので、僕らは「面白い」もんだけをどんどん作っていきます。だから期待しててください。僕らにしかできひん「笑い」を作ります。だから観に来てください!!今から本番がわくわくします・・・。やぁー!!
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。