DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2005-08.10 Wed世界陸上。[未分類]

Time[23:34] Comment[0] Trackback[0]
20050810224245.jpg

わかった、わかったて!!

どうもDECKCHOPの山岡です。ベタが大嫌いの山岡です。
いやぁ世界陸上見てしまうね。深夜とかボーっと見てしまう。うん、すごいね。ビックリするもん。皆本気で走って跳んで・・・何があるんだろう。
いやいやでもあのシビアさはすごい。一回失敗したらあと一年またそれに向けて頑張らないとあかんからね。その必死さというか、ハングリーさは畏怖の念さえ覚えてしまう。テレビ見ながらブルッブルやからね。とある芝居やってる知り合いが言うた。「(スポーツしてる友達のことを言うて)あの人はさ~昔から健全な、爽やかな世界で楽しくぬくぬくやってるけど私は昔からちょっと普通の人とは外れたシビアな世界(芝居のこと)にいるじゃん~だからあの人には私の気持ちわかんないのよね~」
アホか!!スポーツのほうがよっぽどシビアじゃい!!よっぽどすごいわい!!一回の記録、100分の1秒にかけて目の色変える、この一球おとしたら負けるっていう極限の状態におかれる、それのどこがぬくぬくじゃい!!勘違いも甚だしいぜ。まぁそういう人って芝居もできひんのやけど。
僕はK-1とか世界陸上とか見てるといつも凹まされ、そしてめちゃめちゃ鼓舞される。そのシビアさに。格好ええ。19歳とかで世界の舞台に立つとかどんな気持ちなんやろ。練習期間の全てをぶつける、そのビリビリ感にしびれてます。
僕らは芝居やってるけど、何回も公演がある。つまりまだ次ある!!っていう余裕がどこかである。この台詞やばい、とちった、次のシーンで立て直すぞ!!ってこともアリなんよね。でも毎年K-1とか世界陸上を見ると、その余裕は持ったらあかんなって感じる。常に失敗は許されへんねやって気持ちでぶつからんとあかんなぁって思うのです。そのシビアさ。芝居をやろうって決めたんならとことんまでストイックにならんとあかんのやわ。シュールやから・・・って逃げてるやつ、まぁ次回頑張ろうとか思ってるやつ、ほんま見とけよ~。僕らはシビアに楽しく一作品一作品最高のエンターテイメントを追及していくぜい。「貪欲」って書いて部屋に貼っとこ。ええ作品作ろ。けふけふ。
ぜひ皆期待して!!それがええ感じに僕を追い込んでくれるのだ!!へいへい。
スポンサーサイト
  

2005-08.09 Tue夏休みを少し満喫。[未分類]

Time[01:47] Comment[0] Trackback[0]
「納涼」、この言葉なんか嫌です。

どうもDECKCHOPの山岡です。いやはや忙しい毎日が続いてますが、やはりちゃっかり夏休みは満喫していまして。日中は映画や本を読み、夜はパソコンに向かってワードを開いとるわけなのですが、最近不眠症、というか眠れなくて困ってます。というのも怖い本を読んでしまったから。平山夢明という作家、こいつの書いてる(編集してる)本が怖い!!その名も「超怖い話Z」なんやねんZて。どういう意味やねん。でもほんまに怖い。なんかね、霊がバーンっと出てくる話ってメジャーな感じやけど、この人が集めてる話はなんかジワジワーっと怖い。「え?出てくるの?出てこないの?せっかくやからお茶でも飲ん・・・あ、帰る?」みたいな感じ。ジャパニーズホラーやね。なんかつくづく日本の怖さに対する感覚の幅の広さと、チラリズム文化のすごさを思い知らされる。それを読んでしまったものだからもう夜が怖くて怖くて、あんまり眠れない。世界の裏側は昼だ!って考えて無理やり寝ている。というか何で幽霊は夏なんやろか。この季節になったらコンビニの本のコーナーに怖い本が増えはじめ、映画、芝居もホラーものが多くなり、稲川淳二が動き出し、チューブが活動を始める。なんで夏やねん。でも確かに冬に稲川淳二見ても、チューブ見ても、「あれ?自分どないしたん?」ってなるもんなぁ。そう考えれば日本の夏の怖い話、情緒があるなぁ。
でも僕、ほんまに怖がりやからね。びびるくらい怖がり。ほんま前世が何やったんか聞きたい。夜道も未だに怖い。夜自転車こいでてすぐ何でも人の顔とか体の一部に見えてビクっとなる。そういうときはあえてペダルこがない。そんな怖がりやけど怖いもの見たさっていうのはよく言うたもんで。怖い話が好きなのです。

この「怖い」という感覚、思えば結構僕の創作の役に立ってるというか、僕の根っこの部分を支えてくれてる気がする。「怖い」と感じられるのはその状況や空気、映像が想像できてるからこそだし、ありえない状況というか現象を、しっかりとありえないと理解できているということだと思う。僕の芝居にはよく非現実的なものが出てくる。で、それを現実的な目線で描いてるやけども、そういうのってやっぱり怖い話を怖いと思える、その細かな感覚があるからやと思うのです。未知なるものへと想像力をとばせる、これ大事にしなあかんと思う。だから僕はこれからも毎年何冊も怖い本を読んで怖がりたい。もし怖がれなくなったら・・・自分がありえへんものになってしまった時やろなぁ。うんうん。

そんなことを考えながら今、めちゃめちゃ楽しいお芝居書いています。やいやい。

20050809014325.jpg

「妖怪大戦争」面白そうやな~。これ、スタジオに遊びに行ったときに撮ったやつ。ちなみにこれ鮫島ね。
  

2005-08.06 SatDECK再始動!~休みなんて~[未分類]

Time[15:25] Comment[0] Trackback[0]
この間友達と街中でちょろっとギターを弾いていたらおまわりさんに止められた。音楽はええけど騒音ととる人もいるから・・・っていう理由。まぁしかたない。でもめっちゃ気になったのはそのおまわりさんめちゃめちゃ武装してた。上半身、なんかバッキバキやった。両腕にはなんか黒い硬そうなもんはめてるし。なんか、笑ってしまいました。
どうもDECKCHOPの山岡です。

20050806151056.jpg

さてさて、『SLAP!』が終わり一息ついたと思いきや、もうすでにDECKは次に向け始動しております。これ、実は例の芝居の台本(去年のやつ)。今年もオファーがきまして、それでこの間打ち合わせに行き、そしてそろそろ台本を書き出そうと思い、去年書いた台本をひっぱりだして眺めているわけです。
いや~面白い。自画自賛やないかと言われるかもしれへんけど、これほんまに面白い。たぶん僕が僕じゃなくて、僕が書いたこの台本を読んだとしたら嫉妬する。それくらいだ。うらやましいほどにスパークしている。考えるにその理由は、やはり制限があるからだろう。そう、毎年やってるこの芝居は、依頼されているもの。つまり、ちゃんと依頼主の意向を汲み取って、満足できる台本にしなきゃいけない。そしていつもとは違う年齢層へ向けて書かねばならない。その制限が僕を心地よく縛り、暴れさせてくれているのだ。なんでもそうだ。足を縛られたほうが走りたいという欲求は大きくなる。そう、だから毎年このお仕事はすごく楽しい。そして嬉しいことに毎年気に入ってもらえてる。そしてそしてなんと今年は今まで以上に条件がつけられている。それは僕はもちろんDECKSが今まで経験したことないものだ!!もうめちゃめちゃ燃えている。今年もめっちゃ頑張るぞ!!

というわけでDECKSには休みはないぜ!!もう季節とかわからんもん。今月中ごろにはHARD LUCK CAFEもひかえとるしね。DECKSの才能はとどまることを知らないぜい。バチバチバチバチいうとる。チェックよろしく~。
  

2005-08.05 Fri『SLAP!』報告!![未分類]

Time[18:12] Comment[0] Trackback[0]
20050805170133.jpg

写真はイメージです。

どうもDECKCHOPの山岡です。いやはやSLAP!が終わり、もう5日たちました。というわけで『SLAP!』がどんな感じだったのか、観た人は「あぁそうそう楽しかったね」と思い出し、観れなかった人は「こんなに面白そうだったのか!」とちょっと小指を噛むような、そんな報告したいと思います。
今回は初の6回公演というわけで、色々ありました。ハプニングにつぐハプニング。ハプニングで芝居が全く違う内容になってしまった日はありませんでしたが、とにかくいろいろ楽しいことありました。これまで割りとマイルドな重たい芝居をやってきたDECKSにとっては初挑戦となるスラップスティック・コメディ、僕も純粋なコメディの深さに思わずうなってしまいました。役者の皆も少し慣れない芝居に緊張&楽しみを見出したみたいで、普段見れない顔が見れました。

20050805170225.jpg

これはDECKが誇るフルスイング役者佐藤ひろさと。ね、宋さんみたいでしょ。

20050805170230.jpg

これはもう常連のゲスト、というかメンバーの山下太郎。全然緊張してないやろ?いっつもこんなんです彼。

20050805170241.jpg

そんな彼らもやっぱり本番直前は緊張する。

20050805170202.jpg

あ、寝てるやつおる!!

まぁ本番前のすごし方はいろいろです。しかしいざ芝居が始まると、皆目の色変わります。そして不安も吹き飛びました。多くのお客さんが客席にはいて、そして笑ってくれている。そのものすごいいい雰囲気の中でいい芝居ができました。首相官邸に恐竜が出現、これの日本の軍事的脅威だとする各国の非難をかいくぐり、国内の問題にもぶつかりながらほんの少しだけ前向きになる総理、という少し現実離れしたストーリー。でもそこに流れる普遍性を観ている方にしっかりと読み取っていただき、本当に嬉しかった!!アンケートに「また観たい!!」と書いてくれた人も、今までで一番多く、嬉しい限りの4日間でした!!
新しいことへの挑戦、そしてその新しいところで完成度の高いものを見せていく、これがDECKCHOPだと思うのです。「え?この作品もDECKCHOPやったの!?確かに面白いわー」といわれるような、とらえどころのない、でもめちゃめちゃ面白い、そんな集団になりたいと思ってます。まだまだ成長途中のDECKCHOP。皆さん、本当に応援よろしくお願いします!!必ずDECKCHOPはでっかくなるぜ!!

最後にちょこっとだけDECKCHOP写真館。

20050805170258.jpg

これ舞台。またまたきれいな舞台作るなぁほんまに。首相官邸の一室ね。

20050805170209.jpg

わ!なんだこれ!!恐竜だ!!

20050805170217.jpg

なんだこれ!?恐竜まんじゅう!?観た人はわかると思うけど、パッケージこんなんでした。ほとんど見えなかったと思うけど。でもこの凝りよう。かっこいいぜCRAFT HIROSATO!!

20050805170250.jpg

これはほんの休み時間のひとこま。トカゲです。なんとこの公演中に僕は3回もトカゲを見た!!すごい!!演技がいい!!成功を運んでくれたトカゲちゃん。僕は触れないけど。

20050805170151.jpg

最後にこれが話題の山下太郎デザイン、SLAP!Tシャツ
だ!!おかげさまで完売です・・・。皆ありがとう!!着てくれよ!!

まだまだまだまだ言い尽くせないほど色々あった今回の『SLAP!』。でも毎回やけど思うことは、まだこれからや!っていうこと。まだもっとお客さんを楽しませられるはず、もっと喜ばせられるはず。そう思ってます。これからももっともっとすごい作品、面白い作品を作ることをここに約束するぞ!!だから皆さん、これからもDECKCHOPをよろしくお願いします!!

SLAP!へのご来場誠にありがとうございました!!

DECKCHOP 脚本・演出 山岡潤平
  

2005-08.02 Tue『SLAP!』終演・・・[未分類]

Time[23:43] Comment[0] Trackback[0]
劇団DECKCHOP ♯2『SLAP!』が終演しました!!今回も大変多くの方に観に来ていただき、DECKSは大喜びです。本当に、本当にありがとうございました!!今回はいつもとはまた違ったDECKCHOPの魅力を表現できたのではないかと思っています。詳しい報告は後日ここでまた。

今回初めてDECKCHOPを観に来て頂いた方も、二回目以上の方も、本当にありがとうございました。次回ももっともっと面白い作品を作りますので、応援よろしくお願いします◎

山岡潤平(脚本・演出)
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。