DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2005-10.28 Fri音楽と私。[未分類]

Time[00:44] Comment[0] Trackback[0]
20051028000926.jpg


どうもDECKの山岡です。役者の山岡です。

最近よく音楽を聴く。それはもう聴く。そして映画もよく観ている。なんやろ、やっぱり秋だからかな。とにかく今僕の芸術脳は開いている。そこへもってきて最近の音楽はほんとにいい。ダンスなロックが流行りだし、80年代のリヴァイバルなんてものも流行ってる。要するにノリノリだ。

へいへい。

しかもUKが熱い。いいもの多い。僕の今の髪型のイメージは怪しいUKロックシンガーだ。友人から借りたCDウォークマンで毎日自転車こぎながらノリのいい曲を聴いている。
最近でうわ、ええなって思ったのはシザーシスターズというバンド。あ、これUKちゃうわ。でもいい。ちょっと古いような、でも新しい。なんともいえなくいいですこれ。プロモもかっこいいしね。皆お勧めです。

さてさて、ここから本題。今回僕は役者を本気でやろうと決めたわけなんですが、それにあたってとにかく音楽に触れようって思ったのです。というのも音楽と演技って絶対に密接な関係がある。音を出すからね。

僕は役者は絶対音に敏感になってないといかんと思うのです。うまい役者って皆歌がうまい。これはやはり音に敏感だから。いい役者は台詞の音、速さ、抑揚、すべて気持ちのいいところをついてくる。実はこの間の芝居で、あるゲストで呼んだ子を演出したのだけど、その子はほとんど芝居したことなかった。でもずっとボーカルやってる子だった。その子はほとんど芝居したことないのに、ちゃんと気持ちのいい台詞の音をとらえてた!で、僕も演出するときは演技というより歌の指導やった。めちゃめちゃやりやすかったのだ。

だから役者をやる今、僕は今まで以上に音に敏感になろうとしている。今までも気をつけてたけど、これからはその倍敏感になろう。人間ミキサーだ。そして本番では、まるで歌っているかのような、朗々とした台詞回しを披露しよう。そう、観客を、まるでUKダンスロックを聴いているかのような気持ちいい錯覚に陥れてやるぜ。僕がしゃべると、皆が

え?何?このリフいい感じやん。

みたいなね。
スポンサーサイト
  

2005-10.22 Sat着付け教室。[未分類]

Time[05:39] Comment[0] Trackback[0]
爪を切るとき、アマ皮は取ってはいけないそうです。

どうも、DECKの山岡です。
今日はなんとなんとですね、DECK一大着付け講座が開かれたのです!!そしてその講師は何と・・・

DECK総裁の生みの母!!

あ、これ別に育ての母が別にいるとかいう訳じゃないです。
そうなんです、遠路はるばる九州は福岡から大都会東京へ来て下さったわけなんですねー。しかも着物も貸してくれはった!!本当にありがとうございます!!

と、いうわけでDECK母による着付け教室が開かれたわけなんですが・・・いい。何やろね、やっぱり日本人やからやろね。着物、いい。胸、どきどき、する。
一気に雰囲気が出ますよ。気持ちが締まるっていうかね、雰囲気出ますよ。二回言うてもうた。形から入るって言葉よくあるけど、ほんまにそうやね。ただの集会室が一気に幕末はとある港町の旅籠へと大変身。
鮫島なんかもう「ほーほーイメージ通りでござる」言うてましたからね。
着物って普段あんまりガーって見る機会ないから新鮮で綺麗です。DECK女子陣の着物姿を見るだけでもほんま今回の芝居は価値ありそうだ!!皆楽しみにしといて!!

そんなこんなで順調に着物着付け教室も終わり、僕もトレーニングセンターで走りこみを終え、帰宅・・・と思いきや違う。僕は忙しい。途中で合流した今回音響を担当してくれる白崎吾朗ちゃんと(フルネームだしてもうた)音響の打ち合わせ、と称して吾朗宅で音楽鑑賞。やっぱり彼はいい。いい音楽をめちゃめちゃたくさん知ってる&聴いている。特にクラブ、エレクトロニカに造詣が深い彼。色々教えてもらった。今まで僕の音楽の趣味はロックよりだったのだけれど、最近周りの友人の影響でエレクトロニカやダンスよりのロックを聞くようになった。うん、やっぱり新しいものへ手を伸ばすのはいい。僕の軸にあるのはロックなんだけど、それとはまた違った分野を開拓するってことは自分の振れ幅を大きくするってことだ。つまりはそうやって振れ幅を大きくして、大きく振れば振るほど、今度自分のルーツとなってるロックやフォークへ返ってきたときに今まで以上の衝撃を与えてくれると思うのだ。
まぁ何が言いたいかっていうと、つまりは音楽が好きってことだ。

晩御飯を食べることも忘れて音楽鑑賞をした後、やっぱりお腹すいたってことでファミレスで会食。ここでもなかなかに熱い話をした。やっぱりちゃんと物事を考え、捉えてる人と話すのは本当にいい。彼は僕に刺激を与えてくれる数少ない人の一人なのだ。
まぁ何が言いたいかっていうと、つまりは今回の音響さんはすごいってことだ。

今回の貉の秤、まだ走り出した段階にもかかわらず、もうものすごいものになるって予感がするぜ!!本格的な稽古は来週かららしいけど、これはおちおち寝てもいられないぜ!!僕の大好きなミュージシャンが言ってた。

「ライブで一番盛り上がるのは、常に最新の曲であるべきだ。」

ほんとその通り。貉の秤、DECK史上一番熱く、盛り上がる芝居にするぜ!!わいのわいのよいよい♪
  

2005-10.21 FriDECK役者の日記。[未分類]

Time[01:36] Comment[0] Trackback[0]
この間某番組でトリマーの人が犬の爪きり講座をやってました。犬は爪を触られるのを嫌がるため、頭をなでるなどしながらリラックスさせて切りましょうといっていました。で、実際に実演してたのですが、明らかに実演用の犬は麻酔をうたれてました。リラックスうんぬんではなく、もうグデングデンでした。

どうも、DECKCHOPの山岡です。
さてさて、今日は何を書こうか。僕のこと書こう。そう、自分好っきやからね。
そう、何を隠そう今回の『貉の秤』、僕は何と役者のみの参加なのです。今回は趣向を変える意味で役者の鮫島に脚本&演出をまかせたのですが、そのおかげで僕は役者のみです。そう、何を隠そう僕は手に職がないのです。DECK一専門的なことができない男なのだ。舞台を設計できるわけではなし、衣装を縫えるわけではなし、小道具を作れるわけではない。まっさらの状態なのです。何にも汚されていない。
そう、だったらとことん役者に染まってやろうじゃないかと思っているわけです。こうなったら僕の役者力を余すことなく出し切ろう!そう一念発起して早2日。皆の知らないところで、DECKメンバーでさえ知らぬところで僕は走りだしとるわけですねー。今もこれ、ヒンズースクワットしながら書いてるもん。うんうん。今まで自分で自分においしい役、楽な役を与えてきた分、今回はかなり新鮮&やりがいのある仕事だ。そして今回嬉しいことに割りと大事な、主役級の役を鮫島が与えてくれた。これはもうやるしかない。DECK役者陣を全員敵に回す勢いでやろうと思ってます。もう、皆殴る。

はい、決意表明でした。皆さん、今回の芝居は僕だけを観に来てください。羽をもがれた鳥だって、地道に歩くことはできるんだよ。
  

2005-10.18 TueDECKCHOP始動…。[未分類]

Time[17:54] Comment[0] Trackback[0]
私の頭の中の消しゴム・・・・・・え?

どうも、DECKCHOPのJKことジャッキー・・・ではありません。今日は山岡です。山岡です。長いスパンで仕掛けられた「DECKブログ、誰が書くねん混乱大作戦」もようやく終わりを迎え、効果はてきめん。見た人から「え?どういうこと?DECKって何人いるの?」との多数の声をいただきました。

さてさて、DECKCHOPのHPも変わり、いよいよ新しい演目に対しDECKが始動し始めたわけなんです。あ、だからってDECKS今まで休んでたわけじゃないです。前の日誌にもあるように、いろいろやってます。僕も僕でDECKの一作家として、山アリ谷アリの生活を送ってました。新しいこともいろいろ始めてます。ここでは書きません。
今回DECKが仕掛けるは時代劇!!何か、去年大河ドラマで「新撰組!」が流行って、どこもかしこも時代劇やってました。で、それに反旗を翻すように僕らは西部劇をやったわけなんですが、ここにきて時代劇。理由は、何かもうそろそろええやろ、ってことです。でもでも、DECKCHOPがやるからにはそんじょそこらの時代劇なんかしませんよ。刀がぁ振ってぶわ~立ち回ってかっこいいでしょ?みたいなよくあるもんはやりません!今回、DECKでは初めて筆をとる隠れ作家、鮫島に聞いたところ、何と「歴史の謎に切り込む」とのこと…うーん、高校三年間地理を専攻し、日本史にはまったく縁のなかった僕にとってこれはかなり魅力ありだぞ!!まして日本史を勉強して一通り知ってる人にはなお更じゃないか!!てなわけで詳しい内容については稽古が始まっておいおい明かしていこうと思ってます。

貉の秤・・・・・・何か、ええタイトルやね。
  

2005-10.17 Mon待たれた次号と最新情報[未分類]

Time[22:41] Comment[1] Trackback[0]
どうもこんにちは。こんばんは。DECKCHOPのJKことスズキです。
最近寒くなってきましたね。マフラーフェチとしては素敵な季節がやってきました。

で、じゃーん!!

木材芝居!!



はい、私たち踊っていました。
赤い靴って童話知ってますか??人情よりも物欲をとった女の子は、かわいそうに、踊り続けなければならなくなってしまうんですね。
私たちも踊り続けました。
でも別にやめようと思えばやめられたので赤い靴なんて知ったこっちゃないです。

ん?迫り来る影の正体?何の話??


ではではそんなのほっといて今後の話を少し。
DECKCHOPの#3が決まっております!!
『貉の秤』(むじなのはかり)!!
12月の22~24、3日間4回公演です。
現在DECKどもは貉に向けて猛特訓!!を始めようとしているかもしれない!!とりあえず歩き出しました。

今回のDECKはひと味もふた味も違うんです。
「あれ、DECKCHOP??」って絶対思います。私も思いますもの。
でもそれがいい意味になるように邁進しているんです私たち。

脚本・演出は鮫島一裕!!ほら、あの劇で小さい人の役やった人です。
彼が手がけるのは本格時代劇!!
今までのDECKとはひと味違う、されどエンターテインメント魂を忘れない、そんな素敵な和風クリスマスをご用意しようと思っています。

そんな私たちの貉ライフをまたここでご紹介していこうと思っています。
誰が書くのかまだよくわからないですがここも是非チェックしてくださいね。ね。ね。
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。