DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-03.22 Wed世界一と回顧主義[未分類]

Time[03:35] Comment[1] Trackback[0]
日本が野球世界一になりましたねー。すごいですねー。

どうもDECKCHOP山岡です。代表の山岡です。

回顧主義ではないのです。これは、本当に。基本的に過去の上演VTRは見ないし、そんなに興味もない。やっぱり作品は生ものだっていうのがあって、あとまぁ普通に恥ずかしいから見ないんです。
「なんでビデオ見ぃひんのー」
「うーん」
です。もうこんな感じですもん。

でも、見ちゃいました。

とあるところへ提出する企画書などの資料を作っていたとき、提出するものの中に過去のビデオ、しかも記念すべき旗揚げ公演『僕のお嫁さん』があったのでちゃんと写ってるかちょっと確認するために見たんです。ほんと、ちょっと確認してやめるつもりだったんです。でも、どんどんドツボにはまっていって、最近ではそれがないと不安で家族には逃げられるし…

面白かったんです。これが。本当に。決して自画自賛じゃなく、純粋に観客になってしまった。確認のつもりが気がついたら伝説のラストシーン。主役の二人が悲しい笑いをうかべているところやったんです。

正直自分の作ったものに刺激うけるなんて思ってなかった!!なんだこのテンポのいい展開、リズム、台詞の鋭利さ!!キングコング級だぜ!!

この作品には確かにエネルギーがぎっちぎちに詰まってました。ちょっと嫉妬してしまうほどに。
自分との戦いとかそんな寒いことは嫌いなんです。でも、これは超えていかなあかんなと素直に思ってしまった。
今のほうが多分慣れてるし、技術も格段上がっている。でも、その分エネルギーが減ってないかとちょっと自分を反省したりとかしました。うん、これはいい経験をした。

過去の自分を超える、そんなのは普通なんだ。成長するから。

未来の自分が、今僕がやってることを過去のものとして観たときに、刺激をうけるような、嫉妬するような作品を作っていこうと思った。

ちょっとええこと言いました今日。

『digital DECKCHOP』は間違いなく最高のものになります。
エディーマーフィー黒いです。
スポンサーサイト
  

2006-03.16 Thu次回のこととおばはんのシャンプー[未分類]

Time[23:22] Comment[0] Trackback[0]
ビデオ屋とかでたまに金髪のジャージとか履いちゃってるおばはんからめっちゃええ匂いしてることってありますよねー。あれ、凹みますよねーめっちゃええ匂いやから余計にねー。

はい、どうも、DECKCHOPの山岡です。

そんなこんなで次回公演が決まったのでお知らせします!!

劇団DECKCHOP ♯5

digital DECKCHOP

だぁ!!

デジタルです。コンセプトは「パキパキ」です。
今回は、さらに構成に磨きをかけようと今、思いました。いつもわりと脚本を大事にしてて、まず脚本って感じだったのだけど今回は違う。演出、構成ももっと前に出していく。ここ二回の公演で僕らの熱というかね、泥臭い部分は十分伝わったかなと。だから次は「鋭さ」を伝えたいなと思っております。わかってますすごい漠然としたことばっかり言うてるのは。でもそうなんです。今回は五感の奥底、言葉じゃ何て言ったらいいかわからない、そんなものをお届けしたいと思います。単なる「面白い」だけじゃない。その向うへ行きたい。そう思っています今。今は。

へへへい。
  

2006-03.07 Tueバランスの話。[未分類]

Time[15:53] Comment[0] Trackback[0]
いやー最近暑いですよねー。

どうもDECKCHOPの山岡です。
ここ最近本当に思う。バランスの大事さ。うん、これは大事なことだ。皆わかってるようで実は結構わからなかったりするバランス。ええ服で揃えても着こなし方が合わないとださくなってしまう。でもめっちゃださい服でもそれをかっこええと思って着てるやつもおる。
綱渡りとかのバランスは、違えばすぐ落っこちてわかるんだけど、センス的なバランスってやつはそこへ自分の主観や感性が関わってくるからなかなか難しい。

作品づくりにもこのバランスというやつは非常に大事になってくる。いくら心に響くいい台詞をしゃべったところで、シチュエーションにリアリティが薄ければまったくといっていいほど心に響かない。逆にまったくリアリティがないところで本当に泥臭い台詞をしゃべったら、それはきっと見ている人の心に焼きつく。これもバランス(コントラストといったほうがこの場合はいいのかもしれないなぁ)のなすところだ。

素敵な脚本、素敵な舞台、素敵な音楽、素敵な照明…これらが合わさったからって決して素敵なものが生まれるとは限らない。美男美女からぶさいくな子供が生まれる場合があり、ぶさいくな夫婦からかわいい子供が生まれることがあるように、どこかの均衡が少しずれることで、僕らの作る芝居っていうのもガラっと変わってしまう。そこへ見ている側の目線まで加わって評価という段階にきたらさあ大変!!あるものはその個々を見て、その作品全体を素敵だと思い、あるものはその個々のズレが気になって考えてしまう。うんうん。これは厄介だ。僕はそのズレを気にする人でありたいと思う。で、確信犯的にそのズレを素敵なズレに変えていきたいと思っているんですねー。

まぁつまりはDECKCHOP独自の黄金率、みたいなのを確立できたら素敵だなということです。

そんなわけで久々に洗濯機を掃除したら排水ホースから黒いフカヒレが出てきました。
  

2006-03.04 Sat甘口カレーは切ない。[未分類]

Time[03:51] Comment[0] Trackback[0]
夢の中で、まったく知らない人に「甘口のカレーを食べたら切なくなるよねー」と言われた。だから今日甘口のカレーを食べた。ビーフカレー。甘さと、ゴロっとした牛肉のハーモニーが、何か別のものを思い出させて、確かに切なくなりました。

どうも、DECKCHOP山岡です。
こまめに活動日誌書くと言ったからね。書いてます。でもまだDECK自体はそこまで動きはみせてないから、まぁこれは僕の活動日誌。まぁでも僕が動けば自然DECKも動くからね。

うん、JAZZはいい。僕はそんなに詳しくはないからものすごく浅いことしか言えないけど、お洒落だ。もうそれでええやないか。
実は今ちょっとドラマのコンペに出す用のラブストーリーを書いておりまして、まぁラブストーリーなんて普段は書きませんからまた結構力のいる作業で。でもそんなことも言うてられへんからパソコンに向かってうんうん考えるわけですが、なかなかいいのがでない。

そんなときです。何気なしにパソコンの音楽ファイルに入ってるJAZZを聴いてみると、これがいい。ちょっと久々に聴いたら何とまぁええ感じだ。
ウソのように主人公のキャラが鮮やかに浮かび、ストーリーも出てくる出てくる。指定された制限も何のその。あっという間に最初のプロットが完成したのである。おそるべしJAZZの威力。お洒落な気分にまかせてキーをパチパチ。ワインでも横にあったら最高やけどね。家にないし、僕酒飲めないし、パソコンのワード画面とワインはさすがに合わないからそれは諦めて、JAZZの旋律に合わせてパチパチ。さながらキーボードがJAZZピアノだ。黒鍵ばっかりだ。ギターをカッティングするかのごとくEnterキーを押す。

ラブストーリーにJAZZ。ベタやけど、いいじゃないか。

そんな感じで最近いろいろと新しいことに取り組んでおりまして、つまりはDECKはまだまだ新しい色を出していくってことなんですねー。見たことない色、見せたいね。

では、おやすみなさい。
  

2006-03.02 Thuご無沙汰してます。[未分類]

Time[22:16] Comment[1] Trackback[0]
一本締め(あの「よ~っ、パチン」というやつね)をやった後すぐに起こる拍手に笑ってしまいます。そこいっぱい叩いたらあかんやろー。

どうもDECKCHOPの山岡です。

とても久々に活動日誌。怠けていたわけじゃないんですけどね。いろいろ。割と見てくれてはる方もいて、いろいろ意見くれるのが嬉しいので、まめに書いていきます。

さて、普通に報告しなきゃいけないことがいくつかありまして、まず、サニーサイド演劇祭。

準優勝!!

うーん、悔しい。この色は僕の気持ちをよくあらわしてくれてます。ちくしょう、一番がよかったぜ。でも、きてくれた多くのお客さんに楽しんでもらえて、会場が確実に盛り上がっていたので、それはよしとしようと昨日思いました。
応援してくれた皆ありがとうございました!!まだまだここからDECKはおっきくなります。見ててください。

そして、ラジオ放送が決まりました。
TOKYO FM、西村雅彦さんの務める「道草」という番組にて、僕の書いた作品が、3月23~26日までの4日間(全4話)放送されます。へいへい。先日は収録にもお邪魔しまして、ふっつうに会話して帰ってきました。へいへい。放送時間は午後5時くらい…かな?僕は聞けません。
皆ぜひ聞いてください!!面白いですよ~。

そしてそして、徐々に次回公演の模様がぼやぼやと明らかになって参りました。…コント。はい、もう一度やろうかなと。アンケートにちらほらあった「次ハッピーエンドが見たい!」という何ともいえない声に地味に弾かれまして、また楽しいのをやろうかなと思っています。前回の『channel DECKCHOP』ではお客さんが会場に入りきらないというなかなかすごいことになったので、じゃあ今回はそれをさらに上回るものをもってこようかと。劇場の中を何か、よくわからないような、楽しすぎる雰囲気にしようかなと思っています。こないだはテレビのチャンネルをガチャガチャまわす、みたいな芝居がしたかった。今回は、テレビもデジタル放送になるってことだし…デジタルデッ、あ、あかんこれ以上は。もう。

そんなわけでジワリジワリと活動をしていますDECKCHOP。今後の活動も、ぜひチェックしてください。やー。

  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。