DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-05.29 Mon変な線。[未分類]

Time[01:24] Comment[0] Trackback[0]
どうも、有言実行型人間の山岡です。

今日は、今回ゲストで出演してもらう徳田真由美さんの劇団、ネコ脱出の公演お手伝いに行ってまいりましたー。だから稽古は午前中2時間だけ前田君と二人っきりでしました。何か、終始変な感じでした。

さて、ネコ脱出の公演は、相変わらず汗、汗、汗、汗の熱い舞台。まさに「役者」が動いてるっていうのを見せ付けられる舞台でした。
なんというか、おそらく劇場というものがあって演劇というものがありつづける限りなくならないだろうなという普遍のスタイルというか、役者の身一つで観客に訴えかける演劇の特徴を前面に持ってきた芝居でした。ネコ脱出の皆さん、お疲れ様でした。そして8月も頑張ってください!!

改めて、線について考えました。
前々から言っているのですが、僕はどうにも「感動」とか「コメディ」とか、「ドラマ」とか、はたまた「演劇」、「お笑い」とかいう枠決めで皆構えちゃってるのが嫌なのですね。
とある友人の友人、この人はいわゆる演劇をやっている人なのですが、その人が今回の僕らの公演に関してこういったそうな。

今回コントなんでしょ??じゃあ観にいかなくてもいいかなぁ

は?

です。僕に言わせたら。何かもう、哀れです。

そんなんちゃうぞーと僕は思う。
ほんまに大事なとこは、それが演劇なのか、お笑いなのか、コメディなのか、シリアスなのか、そんなんじゃないんです。ようはそれが作品としてどれだけの「完成度」を持っているかなんです。それを言うたら、もう音楽を聴くのも、小説を読むのも、映画を見るのも、絵を見るのも、「作品を味わう」という意味では一緒なんです。わざわざそこへ「今から絵を見るぞ!」「今から本を読むぞ!」なんて心構えしてたらそれだけで変なフィルターかかってしまう。
僕が一番理想だと思うのは、純粋に作品を鑑賞できること。なんですね。もう自分が小説を読んでるとか映画見てるとか舞台見てるとか、頭の中ではもう関係ない。そんな境界線なんかボヤボヤなんです。純粋に作品を楽しんでいる。なんてエクスタシー。

そういう意味で、僕が作っているもの、あるいは作ろうとしているものは、そういった境界線をぼかす力を持ったものな気がします。
最近映像の脚本のお仕事をしてみてそれがさらに強くなった気がします。
今回は一応コント、ショートストーリーという言葉を借りて皆には言うてますが、ほんとのところそんなんあんまり意識してないんです。

以前やった舞台で、アンケートに「泣いていいのか、笑っていいのか、わからない感じだった」という声が何通かありました。好きにしたらいいやん!と僕は思います。生活してるといろんな場面を経験します。でも、そういう場面が、純粋に「楽しい」というものだけで作られてるか、って言われたらそうじゃないんです。やっぱり別の要素もはらんでいる。純粋に「悲しい」だけの場面なんて実はそうそうないんです。普段の生活でのその境界線って実は微妙で、だから素直になればいいと思うんです。僕の作品見て泣きたい人は泣いてくれて、笑いたい人は笑ってくれたら、それで嬉しいです。素直に僕の作品を楽しんで欲しい、そういつも思っているわけなのです。肩の力を抜いてねー。

そしてそして今回の『digitalDECKCHOP』、まさに僕の理想に今までで最も近づけた作品だと思います。もちろん舞台、LIVEでやるから面白いという要素も入れていますが、これは果たしてコント集なのか、ショートストーリー集なのか…演劇なのか、お笑いなのか…わからない、すごくいいラインで作品を作ることができました。うーん、言うなればネオ演劇。演劇言うてもうた。違う違う。ボーダレスなやつ。何か安っぽい。違う、あーもうわかりません!

とりあえずめちゃめちゃ笑えることは保証します。面白いことは保証します。そこから深いところは皆さんに判断していただけたらと思っております。何ともいえない爽快感と、何ともいえないモヤモヤ感を、同時にプレゼント。帰りのご飯で話が弾むこと間違いなしです…。

きっと中毒性になるぜ僕らの世界観!!へい。
スポンサーサイト
  

2006-05.24 Wed泣けてきました、嗚呼…[未分類]

Time[00:38] Comment[0] Trackback[0]
どうも、夏嫌いの山岡です。

今日は久々に結構そろったお稽古でしたー。
うん、なかなかいい感じに形が出来上がってきました。
とにかく最後の方の『空の向こう』というコントが秀逸です。あ、自画自賛ですが、本当に面白いんだから仕方ない。昨日この作品書き上げて、今日初めて声に出して読んでみたが、何だこの面白さは。なかなか最初からここまで面白いのはないぞ。それくらいでしたねー。言葉の持つ響きの面白さ、言葉が引き出す想像力が見事に駆使された作品。

思えばこの作品に象徴される、「理解のチラリズム」、これが何ともセクシーなんです。

今は言うたら「わかりやすいものがよし」とされてる感じだと思うんです。何でしょう、誰が見てもわかる、それが価値あることとされてる。でもね、やっぱりチラリズムに惹かれるのは、もう本能なんです。
前から素っ裸の女性が歩いてくるより、チャイナドレスのスリットのほうがドキドキするもんなんです(裸の方がいいという人は、そういう人です)。見えそうで見えない…この微妙な感じ、やっぱりいいんです。それは作品にもいえると僕は思うんです。

例えば僕の作るもの全部が全部わかったら、それはもう楽しくないでしょ。それやったらもう僕が作る意味なくなっちゃうんですよ。
嬉しいことに僕の作るものを面白いって言うてくれる人はいっぱいいるんです。でも、そんな人にもわからない、僕だけの領域が確実にあって、そこを覗こうとして、でもやっぱりわからへんわー、でも満足!って思ってもらうところにやっぱり物を作るロマンってあると思うのです。わからへんけど面白い!ってそういうことだと思うわけですね。
まぁその自分だけの領域だけで作品創ってるやつはアホですけどね。多いんですけど実際。わからんでもいいわーってしょうもない作品を創ってるやつ多い。
あ、当然ですけど『空の向こう』という作品はめちゃめちゃ面白いですよ。かなりわかりやすい笑いですし。ただ、そんな中にもちゃんとわからんでもええねん、面白いんやからっていう部分は紛れ込んでるんですねー。そこがつまりこだわりの部分なんですよ。そのチラリズムの素晴らしさを皆さんには味わって欲しいなー。

ちょっと話がそれました。稽古のこと。
今回は、何と言っても、鮫島が輝いております。もちろん皆輝いてるんですけど、特にね。鮫島。すごい。鮫島。いろんな鮫島が見れます今回。
彼のいいところ、それはやはり静かだけど確かなエネルギーでしょう。小さいんですよ、すごい。多分知ってる方多いと思うんですけどね。でも、舞台に立ったときに、何ともいえないエネルギーだしよるんです。荒くない、静かな、でも結構すごいエネルギーをね。今回はそのいつものエネルギーが、正の方へドバッと流れ出てます。本番はきっともっと出ますよ。いろんなもんが。

貴志、元気にしとったか~

彼はこの台詞で今日稽古場の笑いをかっさらいました。
なんで?と思った人、今すぐチケットの予約を!!鮫島を観に来てください!!
  

2006-05.23 Tueナチュラルなハイ。[未分類]

Time[03:43] Comment[0] Trackback[0]
恋人と一緒におれる時間が人生で何よりも幸せやわー、と思ってる奴・・・

全員アホ!!

どうも、DECK山岡です。

今頃になって自信が、湧いてきました。むくむくむくむくむくとね。これ言いたくて今日は書いてます。
やっと台本が出揃った!!頭の中に構想だけあったコントも全部形になりましたー。出揃ってふむふむふむと見ているとね、すごいバリエーションに驚きです。前にも言ったかもしれないけど、今回はこのバリエーションが素晴らしいです。自画自賛ですが。
「面白いこと」を純粋に突き詰めたら、偏るかなと思ってたんですが、意外にもそうじゃなかった。あらゆる笑いを網羅する形になりました。やったね。

今日はいろいろと、遅くなりましたが、以前仕事、あるいはご挨拶だけした、各界のね、著名な方にお手紙と招待状を送る準備をしていたのだけれど、すごいのはそれを作ってる最中にありえないくらいの自信が湧いてきたこと。その中にはお笑い芸人もいたんですけど、絶対その目の肥えた奴らもねじ伏せられる、という確固たる自信が湧いてきたのです。いいですねこれは。

オーソドックス、ブラック、スラップスティック、ナンセンス…あらゆる方向に伸びております今回の『digitalDECKCHOP』。一つのグループがコントやって、こんなにバリエーションが生まれるって、ちょっと自分でもすごいなと思います。どの方向でもちゃんと僕らの色が出せてるっていうのもこれ、ほとんど奇跡に近い。確実に伝説に残るコント公演になると確信できましたー。

明日は稽古の模様を公開したいと思っております。
とりあえず皆さん、期待して、期待してください。それを軽く僕らが超えます。

  

2006-05.22 Monリンゴと音楽。[未分類]

Time[02:16] Comment[0] Trackback[0]
アチチチチ 歩きタバコは やめようよ

これはとある町の小学5年生の男の子の書いた標語です。
…完全にタバコがあたっとるね、これね。小学生にね。ジュッって。完全に被害受けてる。悲痛ですよーこれは。

どうも山岡です。

http://www.applebonker.jpn.ch/

いきなりなんだと思った人は、ちょっと過敏すぎます。

これは、なんと今回の「digitalDECKCHOP」の音楽を担当してくれます、
applebonkerのHPなのですね。音楽も聴けるので皆ぜひ覗いて見て。

さて、このアップルボンカーと先日打ち合わせと称した飲み会を開いたわけなのですが、いやはや久しぶりに盛り上がりました。あ、僕の中でね。あ、もちろん会自体も楽しく盛り上がりましたけど。
なんというか、こんなに自信を見せびらかされたのは久しぶりだぜい。ビリビリきましたねー。いいですねー。

今回のテーマは「破壊と構築」なんですね、実は。これメンバーには全く伝わってないと思うんですけど。とりあえず前回コントやりました、で、次またコントやるんなら、前と一緒じゃダメなんですね。レベルは当然上じゃないとあかんのだけど、もっと違う、何というか色すらも変えたい、そんな思いがあるわけです。
で、前回のコントはどうだったかというと、僕の中ではかなりカッコつけすぎた感じなんです。もちろん最高でしたけどね、出来も反応も。
でもね、かっこつけてた。だから、僕の中でいろんな技術が上がってる今、もっとかっこええことを狙うべきかっていうとねー、そういうもんんじゃないんですねー。そこはもう僕にしかわからないところかもしれないんですけど、あるんです。
で、そのタイミングでapplebonkerが加わってくれたことは、もう運命なんです。
その打ち合わせのときに、applebonkerには、「あんまりイメージとか気にしないで自分らのええと思うものを作ってくれ」とお願いしたんですが、applebonkerの世界と、僕らの作る世界が、どう反応しあうか、またどうお互いを潰しあうか、そこが見たいと、僕は思ってます。で、お客さんにもぜひそこを見て欲しいと思ってます。僕らの作る世界は当然面白い。で、applebonkerの作る世界も当然かっこええ。そこが合わさってどうなるか、考えただけで…いい感じです。
ごっついもん二つが合わさったときの微妙なバランス、それこそ壊して新しいものを作るエネルギーなんです。で、こればっかりは当日、劇場でお客さんもいる状態じゃないとどうなるかわからない。本当に生ものなわけです。そこを皆には目撃して欲しい。そう今思ってます。

劇場で、お待ちしています。

  

2006-05.15 Monネタ過多。[未分類]

Time[23:11] Comment[0] Trackback[0]
はぁ…あと6cmあったらなー。

どうも、劇団DECKCHOPのジーコ、山岡です。

さてさて、気がつけばもう『digitalDECKCHOP』の本番まで一ヶ月と一週間ちょっと。
もうね、そろそろ台本も出揃ってね、前段階の準備としては完璧…じゃあないんです。過多です。ネタの。嵐。氾濫。

多すぎる!!今回僕だけじゃなくって、鮫島、そしてそして吉川総裁も書くんですが、もうね、溢れてます。これは、嬉しい悲鳴とかじゃもうない。悲鳴。あ、洪水ってこういうこと言うんだ、と瀬戸内海出身の僕は思いました。

と、いうわけで今泣く泣くカットのコントを考えている途中なのです。ひゃー…なかなかどれも捨てがたい。しかししかし、そこは心を鬼にして、上澄みのね、一番きれいな、面白いコントをすくっているのです。そして、そこへ隠し味、そこのねっとりしたものも混ぜつつ、やっておりますー。

誰かが僕の作品を見て言いました。
「あぁーこういうの好きなんだー」

僕は言いたい。
「違う。違う。」

好きとかそんな小さいレベルじゃもうね、ないんです。面白いか面白くないか。これしかいない。好きやからやってるんじゃないんです。面白いからやってるんです。面白いのはやるしかないでしょう。もうこれは、一種の、何でしょうね、生理的活動みたいなものです。

だから、期待して!!何を差し置いても、期待して!!

新しいDECKCHOPがまた見せられる!!
そんな思いで僕らは今興奮してます。
早く劇場で皆さんとお会いできるよう、最近毎日早く寝てます。
チケット発売中です。ぜひぜひ、楽しいひと時を一緒に過ごしたい人を連れて、見に来てくださーい。
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。