DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-07.31 Tueザンザン[未分類]

Time[02:19] Comment[0] Trackback[0]
いやー、東京は地面からも雨が降るんですねー。

どうも、顔ちぇきで64%高知東生に似ているといわれた山岡です。

今日道で「PERFECT WINNER」って書いたTシャツを着た小太りの中年がいました。
いや、いろいろ負けてるぞ。

ひとつの企画書を終え、また次の企画書へ、最近そんな日が増えてきましたねー。嬉しいですねー。寝れません。案は練るけどね。アラアラ。

もっと作業的にできないものかといつも思うね。ひとつ終わったら、やったぜってなるもんねまだ。あかんあかん。機械のようにパタパタパタパタできるようになりたいものです。
パタパタパタパタ、次、パタパタパタパタ、次ってな具合に、ベルトコンベアーから流れてくるエピソードをポコポコ流れ作業で組み立てるようなね、そんな感じになれたらいいなぁ。でも、きっと可能なはずなのです。そんな気するもんね。

「人間は思い描けるものは実現することが可能である」

らしいですよ。頑張らないとね。
ほら、一個終わってご褒美に調子乗って食べ過ぎて胃もたれしてるもん。いかんいかん。

11月にDECKCHOPの公演が決まったもんだから早めにそれにも取り掛からねばね。コントだからちょっと気が楽になる部分と、前を超えなければというプレッシャーがほどよく押し合いをしています。

このたび芸能プロダクションを立ち上げはった新堂冬樹さんという作家さんがこんなことを言うてた。

「自分が関わるものは全て成功させたい」

すごいぜ新堂さん。
僕も頑張らないかんと思うわけですねーこんなん言われるとね。

思えば僕が一番何か作らねばって焦ってたのは、今じゃなくって実は2年くらい前の、ちょうどDECKCHOPができて一年たったくらいのときなんです。
あのときは、次どうする、次どうするってとにかくびっくりするほどに躍起になってました。ポンポンアイデアが浮かぶたびそれを形にしようとしてた。そんな中で『SLAP!』が生まれてね。
この作品、お客さんには好評やったんですけど、仲間内で、「山岡ちょっと何か作ろうと焦りすぎちゃうか」「じっくり時間かけて練って作るのも大事だぞ」と言われたりもしたのですね。うーんそうかーってそのときは思いまして、反省もしたりしたんですが、今思えばそんなに自分は間違ってなかったなって思えるんです。
まぁ某プロデューサーの方に『SLAP!』がすごいウケたこともあって、先日見直してみたのね、『SLAP!』を。やっぱり面白かったね。演技とか、セリフとか、今やったらもっといろいろ良くはできるのになってところはもちろんあったけど、やっぱりそれ差し引いても十分僕は面白かった。もし僕が客席であれを他人に見せられたら、オープニングの腕ダランのところで絶対悔しがったはずやもんね。

僕ほんとに自分の作品を観るのが嫌いなんですよ。うわーもっとこここうやっときゃよかったとかすごい思ってしまうから。だから滅多なことがない限り見ない。それにしてもやっぱり『SLAP!』は光ってるところが十分にあった。それを発見できたことは自分の中で大きかった。
以前『僕のお嫁さん』を見直したときに、エネルギーみたいなのを感じたって書いたけど、『SLAP!』からは確かな技術を感じ取ることができた。何、ちゃんと面白いもん書けてるやんって思えた。

今あるのは「何か作らな」っていう焦りよりも、確実に面白いものだけを作っていってやろうじゃあないかっていう、粘っこい信念です。面白いもん書けるならどんなことでもやってやろうって思います。

だから次の公演は、期待して大丈夫です。
劇団DECKCHOP ♯7
『BCDECKCHOP』
お楽しみに!

さて、次の仕事に取り掛かろう。
スポンサーサイト
  

2007-07.21 Satカモンカモン~スタンダップボーイッ![未分類]

Time[04:16] Comment[0] Trackback[0]
トライアスロンって競技ありますよね。
「マラソン」と「自転車」と「競泳」の3種を一度にこなすという、想像するだに、相当過酷なレースです。
でも、なぜこんな競技ができたのか。

とある話し合いの場にて。

A「おい、マラソンと自転車と競泳、どれが一番しんどいと思う?」

B「うーん、マラソン…もきついけど、競泳も全身運動できついしなぁ。自転車もそう言われたらきついなぁ」

C「僕もどれか選べって言われたら、甲乙つけられへんなぁ。どれも皆きついからなぁ」

A「そやな、やっぱり順番つけられへんな。皆きついもんな。じゃあこの3種類一気にやる競技作ろう」

これ、ほんとの話なんです。
もうめちゃくちゃです。なぜこの結論にいたったのか、説明できる人いたら教えてください。

どうもDECKCHOPの山OKAです。
うーんここんとこ不規則な生活と、不規則な天気にちょっとヘロヘロになっておりました。そんなとき、youtubeをいつものように閲覧しておりましたら、聴こえてきましたよ。

「カモ~ンカモ~ン、ステンダップ、ボォーゥイッ!」

長渕さんです。長渕さんの声です。
暑苦しい。こんなしんどいときにさらにしんどくなるような…あれ、何か元気出てきたぞ。あれ、あれあれ?
カモーンカモーン!ステンダップボーゥイ!!

とまぁこんな感じで僕は元気になりました。
めちゃ辛いもの食べたときは冷たい水より熱湯を飲んだほうが効く、みたいなもんですね。
疲れたときには、長渕さんがお勧めです。

とある本にこんなことが書いてありました。

「コネとは、自分を評価してくれる人のことである」

いいこと言いますねー。
実はこれを読んですぐに、これを身をもって思い知ることがありましてね。

その日私ね、打ち合わせを終えて目黒をぶらぶら~っとしておりますと、プルプルっとね、電話がかかってきたんですよ。「なーんだこんな時間に、妙だな~」ってんでひょいと電話に出てみると、某局のプロデューサーの方からかかってきてる。

「今からお茶しない?」

驚きましたねー。
実はその前日にね、私その方に私の台本をお渡ししてるんです。
昨日の今日なわけだ。
それなのにもう目を通してくださってるときたもんだから。
私ね、行きましたよ。喫茶店。夏なのにクーラーが効いてましたね。

そんで昨日はどうもってんでね、その方といろいろとお話をさせていただきましたよ。

「面白いねぇ」

その方ね、私に言いましたよ。
ゾゾー…鳥肌立っちゃった。
私ね、こういう商売をしてますから今まで幾度となく面白いと言われたことはありますよ。でもね、こんなに嬉しかったことはなかったですね正直ね。「あらやだぁ」って。
どうも、稲川淳二です。

同業者に認められるってどの業界でも大事なことで、僕の場合は先輩のライターさんであったりするんだけれども、そのプロデューサーの方は今まで僕が会ったどんなプロデューサーの方より、モノづくりを考えている、面白いものを求めている人でした。
スパークしているんです。話の中でいろんなアイデアがその人の中で生まれているのがこっちから見ていてわかる。こっちが追いつくのに必死なくらい、とんでもない人でした。素敵でしたね。それにまた面白いんだ話のひとつひとつが。

だから嬉しかった。
同じ仕事をするなら、絶対こういう人と一緒にしないとだめだなぁと痛感しました。絶対面白いもの創れるもんね。

そしてこれには後日談もありまして。
その日の別れ際、他の作品も送ってよと言われましたので、早速夕方家に帰り、舞台台本と他の映像作品を何本か送ったんです。
するとなんとまたその翌日に電話がきましてね。そして一本一本にしっかりとコメントいただきました。すごいぜ。そしてコメントがまたビシっと正確だぜ。なんて人だ。またも昨日の今日だ。
ほんに素敵な出会いがありましたとさ。
今後とも、よろしくお願いします。
  

2007-07.13 Fri選挙のこと。[未分類]

Time[04:52] Comment[3] Trackback[0]
早く寝なきゃと思いながら、でもどうしても書きたかったので書きます。

DECKCHOPの山です。

選挙が近づいてきましたが、特に僕は選挙に関心があるわけでもなくないわけでもなく、でも選挙は行かなきゃかなと思っている一人なのです。
今日甲州街道を歩いていましたら、前から選挙カーがやってきました。マイクを使って僕らに呼びかけてるんですねー。

「渋谷区の皆様、レズビアン、レズビアンの尾辻でございます」

え、えぇー!?
おかしいぞおかしいぞ!
言うてることおかしいぞー!!
アピールするとこ絶対違うぞー!!!

「未婚道で鍛えた不屈の精神で…」

いやいや、えぇーー!!??
あ、不屈なんー!!??

「レズビアンの尾辻を、どうぞよろしくお願いします」

もう、わかりません。

へぇ、レズビアンなんやー。入れよ…ってなるか!!

逆にレズビアンやのにその、入れるとか言うてもええのかなとか思いますよねー。アラアラ。

そんなん言い出したらね、

「ロリコン、ロリコンの…」
「度が過ぎる好色男、度が過ぎる好色男の…」
「洋楽、洋楽しか聴きません…」

なんでもいけるっちゅうねん。

あとね、テレビの特集もね、ちょっとおかしい。
例のヤンキー先生が、地元で路上演説をしてて、結構高校生とかに人気やから皆集まってきて、中には熱くなって涙とか流す子もいてるんです。で、ヤンキー先生も「お前らのために頑張るからな!」言うて、盛り上がってるんです。
そしたらナレーションでね、

「ヤンキー先生こと○○氏は、まだ選挙権を持たない、未来の投票者に訴えかける戦略だ」

いや、そういう言い方したらあかんやろ。
そうなんかもしれんけど、そこ言うたらなんかあれやろ。ちょっと母校に帰ったことすらなんか、寒くなるやん。

いやー、選挙って、いいもんですね。
  

2007-07.03 Tueきん…?[未分類]

Time[03:34] Comment[0] Trackback[0]
ちょっと、ヤフーのメールに入れない。何か特に今ヤフーメールを見る必要はないのだけど不安です。ガクガクブルブル。

どうも、DECKCHOPの山岡です。

先輩がレストランに行ったらしいんですけど、そのときにこんな会話がなされたそうな。

店員「いらっしゃいませ、2名様ですね?禁煙、喫煙、いかがなさいますか?」

先輩「(ぼそっと)…禁煙で」

店員「きん…?」

先輩「…えんで」

店員「禁煙で。かしこまりましたー」

おかしいぞ店員さん。もう「きん…」まで言うてるからね。こうなってくるともう一回「禁煙」って言わせたいだけに聞こえるね。

「アイラブ…?」

「…ユー」

「私もよ」

みたいなノリですね。
いやー店員おかしいやつが多い!
この間うちのDECK総裁が夜に一人でてんやに行ったとき、一人客が結構多かったらしく、カウンター席が結構埋まってたらしいの。で、二人とか4人席はガラガラやったらしいのだけど、入った瞬間

店員「いらっしゃいませー、カウンター席はいかがでしょうかー?」

おかしいもん。
たとえばキャバレークラブとか行ってね、

店員「いらっしゃいませー、極端に擦れてる子はいかがでしょうかー?」

言われたら嫌やん。それと同じですよこれは。確実に。
ほんと、気をつけてほしいし僕もまた、気をつけたいですね。

ロマンチックって何なんですかね。
この間後輩のM君と話してたら、僕はロマンチストじゃないと言われまして、ラブストーリーを書くにはロマンチックさがなさすぎるとまで言われました。
M君いわく、M君はすごくロマンチストらしいので、じゃあ君はたとえばどういうことをしているのと聞いたら、彼女に対し今ここでは言えないようなことも言ってあげてるという返事が返ってきました。あと、他にはと聞くと、特に記念日とかでもない日に、こっそり晩御飯を作ってあげて、部屋を暗くしてキャンドルの灯りだけにして帰りを待っててあげるそうです。

どうでしょう。仕事終わって帰ってきたら部屋が何か暗い。ふと見ると部屋の中央には蝋燭の灯りがポワンとひとつ浮かび、それが照らし出すオクラサラダはまるで体液のごとく粘り気を帯びている。そしていつも見ている顔がつぶやく、「おかえり」。

納涼。

ロマンチックな演出とかしたことないでしょ?と非難まじりにM君に言われたので、ロマンチックな演出を考えてみました。

彼女が家に帰ってくると、テーブルの上には決して見栄えがいいとは言えない料理が並んでいる。でも一生懸命作ったんだろうことがわかる。ふと僕の手を見ると、僕の手は絆創膏だらけ。慣れない包丁で頑張って料理したからだ。

「どうしたの?」

嬉しさの中に少し疑いも込めて聞いてくる彼女。

「人が誰かのために生きられる時間ってどれくらいなんだろうね。相手のこと本当に思ってる、その人のために生きてるんだって思っても、やっぱりどこかで別のことも考えるだろうし、その人が空気のように近い存在になればなおさらそういうのって意識できないもんだよね。で、僕は考えたんだ。今まで僕は君のためにどれくらい生きられただろうって。でも、恥ずかしいことにわからないんだ。5年の中で、どれくらい君のために生きられたのか…だから、今からの時間は、君のために生きようって決めたんだ。ちゃんと意識して、自分の人生に君を刻みつけようってね。そう、僕の体には時限爆弾がしかけられててあと3ヶ月で爆発するらしいんだ。そのときは、僕の熱で君の好きなローストビーフを焼いてほしい」

泣けますねー。
皆さんのロマンチック体験談、募集します。あるいはこんなのがロマンチックだというのがあれば、それもぜひ僕まで送ってください。

moueew@yahoo.co.jp

  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。