FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-06.28 Thu手ごね。[未分類]

Time[00:24] Comment[0] Trackback[0]
この間、夜の道を歩いてましたら、惣菜やさんの前にこんな張り紙がしてありました。

「手ごねマシーンが故障中のため、手ごねハンバーグは発売を中止しております」

うん、おかしいやんか。マシーン言うたらあかんやんか、もう。おっさんこねたらいいやん。一個でも二個でもさ。せめて

「ただいま奥で店主が一生懸命こねていますが、少々お時間がかかるか、あるいは販売をお断りする場合もあります。ご了承ください」

やったらね、まだ「あぁ、マシーン使ったらいいのに」って思えるけどね。

どうも、DECKCHOPの山岡です。

最近自分がいろいろ知らないことが多かったのだと驚いておりましてね。
まずはフォレスト・ガンプね。昔テレビで途中から見て、あ、面白いと思ってたけどちゃんと見てなかったのね。で、勉強のためと思ってDVD借りて見たら、もうボロボロなきました。映画見てなくなんて本当に久しぶり。涙で画面がかすんでトムハンクスが何やってるのかあんまりわからなかったです。
ガンプの永遠の恋人ジェニーがね、大人になってふと自分の旧家を見つけるんです。で、昔ジェニーは父親にイタズラされてたことがあったもんで、父を憎んでた。で、今は空き家のその家にむかって石を投げるんです。でも、すぐに投げる石がなくなってへたりこむ。そこへガンプのナレーション。
「石って、あんまり落ちてないものなんだと思った」
すごいですねー。感動しますねー。
ジェニーが病気に冒されると告白するところもいいです。確実にエイズなんですけどね。そらあれだけドラッグやったりセックスしてたらなるわーっていうすごいリアリティ、説得力がある。だから見てて自然に状況を受け入れられるし、だから悲しいんです。最近の単なる難病ものを作ってるやつらは見習ってほしいと思いましたね。

あと、NANA。
これはね、盲点というか、ひねくれてましたね。漫画オタクのINAPも最近読んだらすごい面白かったって言ってて、まぁ、機会があったらと思って昨日あたりから手をつけました。
面白いんです。何がいいって人物の配置。キャラクターがまったくかぶってない。ムダキャラがいないんです。それにまずびっくりしまして、次はやっぱり主人公二人のキャラ設定。そんでストーリーの運び。
奈々がタクミと付き合うきっかけとか、ありえなさそうなのにすごい自然。絶妙なリアリティで納得させられますね。むーん今まで読まなかったことを後悔ですね。
炎のシュレンがラオウに首ひねられるとこくらいの見せ場シーンがNANAではバンバン出てきますからねー。
章司のウワキ発覚なんて、サウザーの
「こんなに苦しいなら…もう愛などいらぬー!!!!」
レベルです。

いやー、名作ってゴロゴロあるもんですね。
スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。