FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-07.03 Tueきん…?[未分類]

Time[03:34] Comment[0] Trackback[0]
ちょっと、ヤフーのメールに入れない。何か特に今ヤフーメールを見る必要はないのだけど不安です。ガクガクブルブル。

どうも、DECKCHOPの山岡です。

先輩がレストランに行ったらしいんですけど、そのときにこんな会話がなされたそうな。

店員「いらっしゃいませ、2名様ですね?禁煙、喫煙、いかがなさいますか?」

先輩「(ぼそっと)…禁煙で」

店員「きん…?」

先輩「…えんで」

店員「禁煙で。かしこまりましたー」

おかしいぞ店員さん。もう「きん…」まで言うてるからね。こうなってくるともう一回「禁煙」って言わせたいだけに聞こえるね。

「アイラブ…?」

「…ユー」

「私もよ」

みたいなノリですね。
いやー店員おかしいやつが多い!
この間うちのDECK総裁が夜に一人でてんやに行ったとき、一人客が結構多かったらしく、カウンター席が結構埋まってたらしいの。で、二人とか4人席はガラガラやったらしいのだけど、入った瞬間

店員「いらっしゃいませー、カウンター席はいかがでしょうかー?」

おかしいもん。
たとえばキャバレークラブとか行ってね、

店員「いらっしゃいませー、極端に擦れてる子はいかがでしょうかー?」

言われたら嫌やん。それと同じですよこれは。確実に。
ほんと、気をつけてほしいし僕もまた、気をつけたいですね。

ロマンチックって何なんですかね。
この間後輩のM君と話してたら、僕はロマンチストじゃないと言われまして、ラブストーリーを書くにはロマンチックさがなさすぎるとまで言われました。
M君いわく、M君はすごくロマンチストらしいので、じゃあ君はたとえばどういうことをしているのと聞いたら、彼女に対し今ここでは言えないようなことも言ってあげてるという返事が返ってきました。あと、他にはと聞くと、特に記念日とかでもない日に、こっそり晩御飯を作ってあげて、部屋を暗くしてキャンドルの灯りだけにして帰りを待っててあげるそうです。

どうでしょう。仕事終わって帰ってきたら部屋が何か暗い。ふと見ると部屋の中央には蝋燭の灯りがポワンとひとつ浮かび、それが照らし出すオクラサラダはまるで体液のごとく粘り気を帯びている。そしていつも見ている顔がつぶやく、「おかえり」。

納涼。

ロマンチックな演出とかしたことないでしょ?と非難まじりにM君に言われたので、ロマンチックな演出を考えてみました。

彼女が家に帰ってくると、テーブルの上には決して見栄えがいいとは言えない料理が並んでいる。でも一生懸命作ったんだろうことがわかる。ふと僕の手を見ると、僕の手は絆創膏だらけ。慣れない包丁で頑張って料理したからだ。

「どうしたの?」

嬉しさの中に少し疑いも込めて聞いてくる彼女。

「人が誰かのために生きられる時間ってどれくらいなんだろうね。相手のこと本当に思ってる、その人のために生きてるんだって思っても、やっぱりどこかで別のことも考えるだろうし、その人が空気のように近い存在になればなおさらそういうのって意識できないもんだよね。で、僕は考えたんだ。今まで僕は君のためにどれくらい生きられただろうって。でも、恥ずかしいことにわからないんだ。5年の中で、どれくらい君のために生きられたのか…だから、今からの時間は、君のために生きようって決めたんだ。ちゃんと意識して、自分の人生に君を刻みつけようってね。そう、僕の体には時限爆弾がしかけられててあと3ヶ月で爆発するらしいんだ。そのときは、僕の熱で君の好きなローストビーフを焼いてほしい」

泣けますねー。
皆さんのロマンチック体験談、募集します。あるいはこんなのがロマンチックだというのがあれば、それもぜひ僕まで送ってください。

moueew@yahoo.co.jp

スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。