FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-07.21 Satカモンカモン~スタンダップボーイッ![未分類]

Time[04:16] Comment[0] Trackback[0]
トライアスロンって競技ありますよね。
「マラソン」と「自転車」と「競泳」の3種を一度にこなすという、想像するだに、相当過酷なレースです。
でも、なぜこんな競技ができたのか。

とある話し合いの場にて。

A「おい、マラソンと自転車と競泳、どれが一番しんどいと思う?」

B「うーん、マラソン…もきついけど、競泳も全身運動できついしなぁ。自転車もそう言われたらきついなぁ」

C「僕もどれか選べって言われたら、甲乙つけられへんなぁ。どれも皆きついからなぁ」

A「そやな、やっぱり順番つけられへんな。皆きついもんな。じゃあこの3種類一気にやる競技作ろう」

これ、ほんとの話なんです。
もうめちゃくちゃです。なぜこの結論にいたったのか、説明できる人いたら教えてください。

どうもDECKCHOPの山OKAです。
うーんここんとこ不規則な生活と、不規則な天気にちょっとヘロヘロになっておりました。そんなとき、youtubeをいつものように閲覧しておりましたら、聴こえてきましたよ。

「カモ~ンカモ~ン、ステンダップ、ボォーゥイッ!」

長渕さんです。長渕さんの声です。
暑苦しい。こんなしんどいときにさらにしんどくなるような…あれ、何か元気出てきたぞ。あれ、あれあれ?
カモーンカモーン!ステンダップボーゥイ!!

とまぁこんな感じで僕は元気になりました。
めちゃ辛いもの食べたときは冷たい水より熱湯を飲んだほうが効く、みたいなもんですね。
疲れたときには、長渕さんがお勧めです。

とある本にこんなことが書いてありました。

「コネとは、自分を評価してくれる人のことである」

いいこと言いますねー。
実はこれを読んですぐに、これを身をもって思い知ることがありましてね。

その日私ね、打ち合わせを終えて目黒をぶらぶら~っとしておりますと、プルプルっとね、電話がかかってきたんですよ。「なーんだこんな時間に、妙だな~」ってんでひょいと電話に出てみると、某局のプロデューサーの方からかかってきてる。

「今からお茶しない?」

驚きましたねー。
実はその前日にね、私その方に私の台本をお渡ししてるんです。
昨日の今日なわけだ。
それなのにもう目を通してくださってるときたもんだから。
私ね、行きましたよ。喫茶店。夏なのにクーラーが効いてましたね。

そんで昨日はどうもってんでね、その方といろいろとお話をさせていただきましたよ。

「面白いねぇ」

その方ね、私に言いましたよ。
ゾゾー…鳥肌立っちゃった。
私ね、こういう商売をしてますから今まで幾度となく面白いと言われたことはありますよ。でもね、こんなに嬉しかったことはなかったですね正直ね。「あらやだぁ」って。
どうも、稲川淳二です。

同業者に認められるってどの業界でも大事なことで、僕の場合は先輩のライターさんであったりするんだけれども、そのプロデューサーの方は今まで僕が会ったどんなプロデューサーの方より、モノづくりを考えている、面白いものを求めている人でした。
スパークしているんです。話の中でいろんなアイデアがその人の中で生まれているのがこっちから見ていてわかる。こっちが追いつくのに必死なくらい、とんでもない人でした。素敵でしたね。それにまた面白いんだ話のひとつひとつが。

だから嬉しかった。
同じ仕事をするなら、絶対こういう人と一緒にしないとだめだなぁと痛感しました。絶対面白いもの創れるもんね。

そしてこれには後日談もありまして。
その日の別れ際、他の作品も送ってよと言われましたので、早速夕方家に帰り、舞台台本と他の映像作品を何本か送ったんです。
するとなんとまたその翌日に電話がきましてね。そして一本一本にしっかりとコメントいただきました。すごいぜ。そしてコメントがまたビシっと正確だぜ。なんて人だ。またも昨日の今日だ。
ほんに素敵な出会いがありましたとさ。
今後とも、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。