DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2005-05.08 Sun劇団DECKCHOP稽古場日誌『オフ』[未分類]

Time[19:40] Comment[0] Trackback[0]
20050508185127.jpg

どういうことやねん。麻雀『ホールインワン』・・・難しい。
江戸前寿司『ミディアムレア』みたいなもんやろ。あるいは煎餅屋『アルデンテ』。ね?

どうもDECKCHOPの山岡です。今日はオフです。稽古なしです。なのでふらっとお芝居でもと思い観にいきました~。なんか家でじとじとしてるんは好きやないので、よくいろいろ行くのです。で、今日は芝居。僕は普段から「芝居やってんぜ~俺は」みたいな風をふかすのが大っ嫌いで、逆に芝居やってなさそうな人に見えたいくらいそういうのが嫌い。チンピラが胸ガバー開いた色シャツ着るみたいなね。偉っそうに電車の中でしょうもない演劇論や演技論なんかを語ってるやつなんかいたら「アホかボケ」と思ってまうんですが、まぁでも一応作ってる側としてはいろいろと見終わった後考えたりもするわけなのです。

ほんで今日の芝居で思ったことは、「どれだけ見られていること、見せることを意識するか」ということです。まぁこれは別にどれがいいとか悪いとかやなく、芝居の質とか好みにもよると思うんですが、やっぱりその意識の違いで全然ちゃうなぁってことなんです。僕が尊敬する先輩が昔「自分はエンターテイメントをやってる。だから面白くないっていう意見よりも楽しくないっていう意見が出たときに本当にへこむ」みたいなことを言うてたのをふと思い出しました。
「見せること」と「見られること」のバランス、これが芝居にはなかなかの要素になってると僕は思ってます。「俺たちの楽しむ姿を見てくれよー!!」っていう主観的な、「見られている」感を100%押し切るのか、それを少し減らしてそこへ「お客さんに見せる!!」っていう客観的なものを加えるか、そのバランスで芝居の見え方ってガラっと変わる。
今日見た芝居っていうのが圧倒的に前者の方が強かったなぁ。その分ちゃんと力があって良かったと思ったけど、そう考えるとDECKCHOPはどっちなんやろなぁ。おそらく後者が大やろなぁ。DECKSは芝居好きやけどどっか冷めたクールなところがあるやつらばっかりで、それがよかったり、逆に悪かったりもするんやけど、めちゃめちゃ見せることをDECKSは意識してると思います。
共感とかそんなんは後回し!!とにかくDECKCHOPの芝居は見て、そして楽しんで欲しいですねー。それだけ完成度もクオリティも高いものをDECKCHOPはお届けします。明日からまた稽古だい。汗が出ない程度にがんばるぞ。ほなまた。『Channel DECKCHOP』よろしくね~。
スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。