FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-12.03 Mon安全地帯[未分類]

Time[01:38] Comment[0] Trackback[0]
「自称読書家はメールが長い。」

今読んでいる本の栞、角川文庫のやつなんですけど、それに書いてました。

「自称クリエイターはフォーマットという言葉をよく使う。」

どうも、自称座付き作家、山岡です。

今JKねぇさんから借りた安全地帯のベストを聞きながらこれを書いています。
JKねぇさんのお母さんありがとう。来週(今週?)お邪魔致します。。よろしくお願い致します。
いいですよね安全地帯。まぁ時代は感じるけど、どこかエッジが効いている。そしてセクシーだ。

先日予告していました通り、佐藤君と一緒に行ってきました銭湯に。
脱ぐなりすぐに電気風呂に直行しましたよ。

「あ、何これ」

佐藤君の第一声です。
あれほど「僕はどんな銭湯の電気風呂も行けると言われてるで」と言っていた佐藤君も、太ももの段階でやられました。
それほどすごい。
電気なまずが地震を予知するときクラスです。
もう、ビリビリとかそんな世界じゃないですもん。
バハァーン!!です。入った瞬間にね。小動物やったら死にます。

で、結局二人で太ももまでしか浸かることができず、普通に露天風呂を満喫して家路へとつきました。

その後は僕の家で朝までいろいろと、久しぶりに話をしましたね。
真面目な話もしっかりしていました。
役者を目指している佐藤君。どうやら日本を飛び出して外国を狙っているとのことだったので、僕が「まずは日本で一番になってからやろ」と正論で挑んだところ、

「いや、日本はやりがいのある(役者の)仕事がない!!」

との返答。またそこで僕が「いや、海外やったら仕事自体取るのが難しいって言葉の問題もあるし!」とまた正論で切り込みます。

「言葉は勉強する。ネイティブまではいけんかもやけど、でも通用するくらいにはなる!」

あら、意外にもしっかりとしたお答え。そこでまた僕は「いや、やっぱりまずは日本だろう。外国行ってもどこの馬の骨ともわからん日本人なんか役者としてやっぱり使ってくれへんやろ」と返すと、

「大丈夫やろ。だって、(自分は)外国人やで?」

やっぱりすごいです。
じゃあ頑張ろうということになりました。

そんな佐藤君も東京乾電池のアクターズラボで今着々と演者として力をつけている様子。DECKCHOPに凱旋してきたときが楽しみです。

そのほかにもいろんな話をしましたが、どういう方向からか親はすごいという話になりまして。今さらながら、24になって、親ってすげぇぜと。
何を隠そう兵庫にいる小さいセガールは、設計士をしておりましてですね、僕くらいの年にはもう一人で会社をやっておったのです…。アラアラ。

この仕事で成功を収めたいという野心はもちろんありますが、まずは自分の親を超えたいなぁと佐藤君と夜明けで話しておりました。
そういえば脚本家と設計士は通じるものがあるなぁとも思いまして。誰かが「脚本は映画・ドラマの設計図だ」と言っていましたが、まさにそうだと思います。やっぱり影響は多分に受けていたのだなぁと思いました。

そんな真面目なことも思いつつ、12月を迎え、現在進行中の企画もまたまた進展を見せており、いち早くここで報告ができればと思っています。
そしてそして次回公演の『DUG-OUT』も進行してます。先日のDECK会議では公演の概要なども鮫島から発表があり、面白い予感がしてきました。
今度は何が「取れる」のでしょうか。前回はアレでしたけどね。
近いうちにチラシもできるので、詳細をぜひお楽しみに。
スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。