FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008-06.26 Thu落語にはまる。[未分類]

Time[02:16] Comment[0] Trackback[0]
この間電車に乗ってましたら、大学生らしい男の子たちが数人すすっと乗ってきまして、おそらくお酒なんかこうたしなんでたんですかね、ひとりなんかぽーっと赤い顔して良い気持ちでなんかもって乗り込んできたんです。
するとその赤い気持ちよさそうな男の子に、友人の一人が言うわけですよ。

「お前、紅白餅みてぇだな」

それを聞いて私ね、「おいおい、紅白餅は白もあるぞ、例え悪いぞ」なんて思ってたんですね。
そうしましたら、1駅、2駅進みまして電車ガタンゴトン…どうもその男の子の様子がおかしい。
あれあれ?と見てますと、次の停車駅でその男の子、どどっと降りたかと思うと、おえぇぇぇ…あげちゃったんですねホームに。
あぁ飲みすぎたんだなぁなんて見てましたら、その彼、あげ終わってクルリと振り向いたその顔、真っ白だったんですねー。

おい、それじゃ紅白餅じゃねぇかよってね、思いましたよ。

どうも、宴楽亭春風です。

少し前から落語が、またひそかなブームになっておりまして、今も志の輔落語を聴きながらこれを書いておりんす。
本当に、落語はその構成がハンパじゃなくすごいなと再確認しているわけでして。
僕はもともと新しいもの好きで、創作落語がものすごく昔から好きだったのですが、最近やっぱり古典落語はすごいということもまた確認できまして、やっぱり人情。人の温かみ、滑稽さの人間観察は古典にはかなわないなと思います。
情緒というか、やっぱり貧しい中から生まれたからなのか、なんともいえない哀愁があります。
笑いと哀愁、情緒は絶対に切れない関係にあるんだなぁと納得。

そんなこんなで、まったく話が変わり、模様替え熱がピークに達しており、仕事の合間、パチパチと見積もりをしていましたら、これが何と10万くらいかかりそうだということがわかりました。
一ヶ月住める値段じゃないですか。
家具、高いです。。
模様替えするために家住めなくなる、みたいなことにもなりかねねぇ。
何か釈然としない感じがあって迷ってます。
掃除機に積もった埃をきれいに小型掃除機で吸ってやるときみたいな感じです。
どうしよう。
しかし、新しい風を吹かすという意味もこめて、やっぱり模様替えはしたいのです。
します。

週末少し時間があって旧友と会う。
高校のときの同級生で、高校時代は親衛隊ができるほどの美人さんだった。
その彼女と5年(?)ぶりに再会した。
やっぱりキレかった。
まぁそれはさておき、いろいろ話すうちに、彼女の悩みが発覚。
「彼氏が面白くない」、という。
僕はそれで真剣に悩む彼女をすごく面白く感じたのですが、なるほど、そういう悩みもあるのかとフムフム。
どうにも間が悪いらしい。そして、話の構成も悪い、と彼女は言う。
同じ話を自分がしたほうが絶対面白くなるのになぁと思いながら聞いているという。
「面白く何でも話そうとかするのって、やっぱりサービス精神の表れやん?」
そう彼女が話す。
なるほどその通りと思う。
いついかなるときでも、人を楽しませる気持ちを忘れちゃいけないなと。
それを言うなら、例えば「好き」という言葉も、相手が今言うて欲しいなぁって思うときには言ってやらなきゃ駄目なんですねー。これは直接的には楽しませるとか面白いにはつながらないんですけど、やっぱり期待に合わす、そういう楽しませ方もあると思う。もちろん裏切りの方法もあるけどね。

人の、一番いいところをついていけるような、そんな人間に、なりたいと思いました。

今日、夏なので美容室にカットに行き、鏡に映る自分を見て、脚本家の体じゃない、と思いました。
らしくない、脚本家に一歩前進です。
スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。