FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-07.26 Wedアウェー。[未分類]

Time[22:20] Comment[0] Trackback[0]
もしも一億円が落ちていたら、あなたならどうしますか…。

どうも、DECKCHOPの山岡です。
報告がすっかり遅くなってしまって、どうもすみません。行ってきましたクラブイベント。我らがAPPLEBONKERが主催の原宿クアトロ『MIDGAR NEW WAVE』!!
告知の通り、僕らは数あるバンドの中、映像で参加しました。初の敵地です。完全に僕らのこと知らない人だらけ。そんな中での参加でした。アウェー。

本当に大変だった!!いろいろとトラブル続きで(人形の呪いちゃうかなと本気で思った)、かなりギリギリの状態で、でもやっぱりちゃんと間に合って、上映となりましたー。わー。

上映が始まって、「NEWS番組」というコンセプトだったので、CMから始まったわけですが、会場の反応は、「え?何?」です。なんか変なん始まったぞ。え?なんだこれ?ってね、なかなかにポカーンとした空気が流れました。しかししかし!いなっぴぃことINAP.が作成したいかした映像に徐々にほぐれていく会場。そしてあの曲が流れたときには手拍子が起こったのです。これには僕は苦笑いでした。

そして本編が始まります。ゆるーいセットとゆるーい人形たち。またまたお客さんの緊張がゆるーくなります。しかし、一発目のNEWS仕立てのコントが始まるや笑いが起きたのです。おきたのです。最初は小さかった笑いが徐々に膨らんで、会場がドッと笑うシーンもざっくざくと出てきました。
INAP.と僕は始まる前、本当に吐きそうになりながら、胃が収縮するのを感じながら震えていたわけなのですが、笑いが起きるたび、階段を降りるかのように安心していきました。
そして上映終了と同時に起こる拍手。うん、嬉しいね。

結果、いろいろなテンションだった会場を一回フラットなところまでもっていけたというか、ちゃんと次のAPPLEBONKERにつなげたような、そんな気がしています勝手に。でも、ほんとに。

正直いろいろと反省点もありました。まぁそりゃ自分たちで作ったものに100パー満足してたらそれはもうアホちゃんなわけで。
でも、いろいろあったけれど会場が笑ってくれた、それが全てじゃないかと思います。あの状況でしっかりと笑いをとれた。そこをね、今回は自分たちで自分たちをほめたい、そう思いますね。はい、甘くないですよ。

何となく新しい可能性もチラホラ見えたとか見えないとか、そんな感じだし、とにかく楽しかった。もうそれでいいじゃない。文句ないじゃない。

またこういうイベントやりたいですね。いや、やります。いろいろなところで、いろいろなDECKCHOPを見せていけたらなと思います。
とりあえず次はホームグラウンドの芝居、『カポネ』。楽しみにしててくださいね。またこっちでも新しい感じ見せますから。

最後に、今回のイベントに誘ってくれたAPPLEBONKER。ほんとにありがとう。楽しかったぜ。そしてライブはほんとにすごかった。毎回クオリティがあがってる気がして冷や冷やしました。この場をかりて、お礼と、よかったよっていうのを伝えます。また呼んでね。次はもっといいの作るから。
スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。