FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-08.14 Mon盆鳥[未分類]

Time[19:57] Comment[0] Trackback[0]
sk26.jpg


この間、すごく暑かったので、ジュースを買おうと自販機に行ったら、工事現場のおっさんらしきドカタの人が先にジュースを買ってました。そのおっさん、どうやら他の仲間の分も買おうとしているのか、すごいいっぱい小銭を持ってたわけなんだけども、トロい!!
もう、ビックリするくらいトロい。
おーかーねーを、いーれーてー、どーれーかーうーかー選ーんーでー、ぼーたーんーをおーしーて…
ほんまにこんな感じなんです。で、ジュース出てきたら、ゆーっくり腰を曲げて取り出して、またお金を入れる…。
先にお金入れてからジュース取り出したらええんちゃうんか!?ほなちょっとでも早く買えるんちゃうんか!?とイライラしながら待っていると、おっさん、やっと僕に気づいて、「あっ」みたいな反応しよったんです。で、どうすんのかなー思って見てたんです。

おーかーねーをーいーれーて、どーれーかーうーかー選ーんーで、ぼーたーんーをおーしーて…

ここまで全く一緒。で、次の瞬間、

おっさんすごい速さで腰曲げたんです。

ストン!落ちたんです腰が。で、そのあまりの速さに僕がビックリしてたら、ゆーっくりジュース取り出しよるんです。

違う違う!!急ぐとこ違う!!

思わず笑ってしまった、夏の午後でした。

どうも、DECKCHOPの秋奉行、山岡です。
ほんとにお盆だというのに暑い日が続きます。だから納涼なんて言葉が流行るんですねー。納涼って言葉、僕怖いですねー。
さて、DECKsはお盆休みなんて返上でお稽古しております。なぜって、稽古が好きだから。
音響を今回も担当してくれる頼れる色白男、稲岡君が徐に電車の中でとある雑誌のコピーを見せてくれました。それはトランペットの巨匠、マイルスデイヴィスのインタビュー記事でした。そこにはこう書いてありました。
「俺はトランペットを毎日吹いている。俺が吹いているのを聞けば皆俺が吹いてるとわかるだろう。自分の音を獲得するために練習している。練習は一種の祈りなんだ。」
みたいなことが書いてました。ええこと言いますマイルスは。だから僕らも稽古します。一目見て僕らの芝居だって皆がわかるようになるよう。

さて、今回何と言っても頑張ってくれているのは、去年の山形自動車合宿で偶然にも一緒だった、今回のゲスト、須貝英君です。
今回彼の演じる「龍二」という役は、難しい!!難しいぜちくしょう。
「これ難しいなー」って稽古場でみんなで言うたのははじめてです実は。

結構今までね、ストーリーの運びに頼って、キャラをそこまで難しく作ってなかったというのはあるんです。でも、今回は違います。ストーリーも、そして登場人物もどれだけ魅力的に描けるかを勝負してるんです。だからね、難しい。
決して難解なキャラではないんです。須貝君演じる「龍二」が感じてるのは、普段僕らが感じるようなことで、性格も言うなれば普通なんです。でもね、そこへ「状況」が加わって、過去と現実という問題が合わされば、そこはもう人間です。どこまでも複雑になっていくんです。一個の感情じゃなくなって、そこからとんでもない方向へも枝分かれしていく…。でも枝分かれの先にあるのはまたさらなる混乱か、あるいは空虚なものなんですねー。難しい。そこにいるのは間違いなく「龍二」という僕らとはまったく違う一人の人間なんです。それを須貝君に演じきってもらおうと、こう考えているわけなのです。

そんなわけで慎重に稽古を進めていきます。でもね、やっぱり場数が多いだけあってね、勘がいいんです。シーンをやるたびに彼は「龍二」に近づいていきます。あの問題のシーンも、「これ伝わるかなー」と言っていたけど、大丈夫です須貝君。伝わります。伝わります。
見ている人の胸を締め付ける、そんな演技が、きっと本番では見られると思います。期待してほしいっすねー。

で、で、今回は須貝君だけでなく、もちろん他のメンバーも頑張ってますよ。これはおいおい書いていくつもりですが、どのキャラをとっても、今までで最も魅力的ですねー。皆にも、新しいとこへチャレンジしてもらってます。

ドラマをきっちりと見せたい。

その思いで稽古に励んでおります。今まで最も激烈な思いが、そこにはあります。皆さん、期待しててください。

スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。