FC2ブログ

DECKCHOP活動日誌

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-09.07 Thu二度見ても…[未分類]

Time[00:57] Comment[0] Trackback[0]
さぁ。さぁさぁ。
『カポネ』の幕が間もなく開きます。ガバー。

DECKCHOPの山岡です。『カポネ』を書いたものです。
いよいよ劇場入りなわけなんですがねー、うんうん。ここまで、いろんな困難も含めて、全て面白い作品が出来上がる布石です。
またまた素敵な舞台が出来上がり、そしてまたまた素敵な音楽と照明が劇場を包みます。

ひとつの、エンターテイメントの最終形だと思っています。今回。いろんな人に、見て欲しいというか、本当に楽しんで欲しい。確かめて欲しい。面白いと。そんな気持ちでいっぱいです。

さぁ、もう幕が開くというわけで、まだ紹介していない、一人の女性をね、紹介します。
それは鈴木由香だぁ。
このHPを管理してくれている、DECKのデザイン管理部門の彼女。そのセンスと同じく、演技もなかなか味のある演技してくれます。実はいろいろと役をこなしている。村娘、妹、おばあちゃん、娼婦、カウガール、娼婦…はい。で、今回は…また一癖ある役をこなしてくれています。劇場に入るとまた一味も二味も変わるんだろうなと思うとワクワクです。彼女の作る衣装にもワクワクです。

そしてそして最後。前田君。広平君。
演技プランが全て映画からの引用という噂の彼。でもね、確実に力をつけております。最も芝居を愛し、それゆえ作品つくりに厳しい彼。彼が今回演じるのは、主人公を利用しようとする政治家と○○なのです。うーん、初の二役にして、最後の二役。楽しいですね。うらやましいですね。21歳でこんな役できるなんて。ぜひ劇場で彼の姿を確認してみてください。何人見つけられるかな??

うーん、いやいやもう幕が開いてしまうのが、嬉しいやら、もうちょっと出し惜しみしたいやらで、複雑です。こんな感覚も始めてです。
この『カポネ』という作品は、僕に芝居ってやっぱり楽しいんだ。と再確認させてくれた作品であると同時に、面白いものを書くってすごく大変なことなんだ。ということも改めて教えてくれた作品です。だからすごく自信があるし、これが一つのポイントだと思ってます。すごく目指していたものに、一番近づけた気がします。好きです『カポネ』。

さぁこんなに思いのたけをつづったのだから後は皆もうみに来るしかないぜ!!
既にチケットを買ってくださった方々、楽しみにしててください。濃厚なストーリーと、衝撃を贈ります。
そしてまだ悩んでいる方、あるいは考えてなかった方、損はしません。ぜひともその目で、耳で、鼻で、『カポネ』の魅力に触れてみてください。

リピーター割引も当日ご用意しております。二回見る面白さに溢れた作品でもある『カポネ』。その楽しさを十二分に堪能してください。

michigannight.jpg

スポンサーサイト
  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。